ライフスタイル VRで英会話ってどういうこと!?「AEON VR」が斬新すぎて面白い!

2021年12月11日(土)より、英会話イーオンがVRで英会話を楽しむ新レッスン「AEON VR」のパイロットレッスンを提供開始!「VRで英会話……?」と疑問が残る中、実際に体験してきたので詳しくレポートします。結論、とっても面白かったです!

ゲーム感覚で楽しい!バーチャル・ワールドで英会話を学ぶ「AEON VR」

VRゴーグルを装着し、バーチャル・ワールドでレッスンを受ける「AEON VR」。

「AEON VR」はVR英語学習プラットフォームimmerseを使用し、イーオンの英会話学習のメソッドやカリキュラムに最新のVRテクノロジーを掛け合わせたユニークな学習コンテンツ。体験者はVRゴーグルを装着し、バーチャル・ワールドを旅行しながら英会話を楽しみます。

スタイリッシュなイーオン銀座校。

開催場所はイーオン銀座校、日時は2021年12月11日(土)〜2022年1月29日(土)の毎週土曜日、計7回(2022年1月1日を除く)。各日程によってバーチャル・ワールドのシーン設定が異なり、例えば12月11日(土)はホテルでチェックインするシーン、1月22日(土)はホームステイで会話をするシーンなど、複数回参加しても楽しめる内容となっています。

VRゴーグル・コントローラを装着。

今回筆者が参加したのは空港でチェックインを行い、ニューヨークで観光を楽しむレッスン!まずはVRゴーグル・コントローラの装着方法と操作方法を教えてもらいました。コントローラはバーチャル・ワールド内で自分のアバターを動かすのに必要です。

拍手などジェスチャーの練習。

装着完了したらニューヨーク出身のジョニー先生によるレッスンがスタート!ジョニー先生も、参加者も全員がアバターとなってバーチャル・ワールドで会話をします。

「May I have your name please?(お名前を教えてください)」から始まった英会話レッスン。まずはコントローラに慣れるために、先生の指示のもと移動・物を掴む・いいね・拍手をマスターしていきます。初めて動かす時にはすこし戸惑いましたが、慣れるとスムーズに操作ができるようになりました。

楽しくてつい没入してしまうVRでの英会話。

英会話のレベルとしては「Do you see it?(見えますか?)」「Grab it.(掴んでください)」など初級〜中級。筆者は久々に英語を話す機会だったため、すこし緊張していたものの、どんどん楽しくなってすぐに緊張はほぐれました。

長年イーオンで講師を務めているジョニー先生も「日本人の印象として控えめで恥ずかしがりな方が多いように感じていましたが、アバターとして参加いただくことで、間違いを恐れず積極的に発言されるように思います」と、VRで英会話をすることの教育効果を実感。誰もが置いてかれることなく、みんなで会話を楽しめました。

空港でチェックイン。ホワイトボードに会話例が記載。

コントローラに慣れてきたところで本格的なレッスンへ。今回は空港でのチェックインのレッスンなので、バーチャル・ワールドは空港へとひとっ飛び!

瞬間的にシーンが変わるのも、このレッスンの面白いポイントです。「A: Hello, where are you flying to today?(目的地はどこですか?)」「B: I’m going to New York City.(ニューヨークです。)」といった会話例を覚えつつ、チェックインを実践します。

アバターを移動させてチェックインカウンターに向かったり、会話をしながらパスポートを掴んで渡したり、ゲーム感覚で面白い!会話例はバーチャル・ワールド上のホワイトボードに書かれているため、わからなくなったらすぐに確認も可能です。

筆者は「Which would you like, a window seat or an aisle seat?(窓側と通路側、どちらにしますか?)」という会話の「aisle」の発音がわからず、ちょっと濁して発音したらジョニー先生がすぐに正しい発音を教えてくれました。実践的なので記憶に残ります。

本当にニューヨークにいる気分!クイズを楽しみながら観光

ニューヨーク上空から観光。リアル!

無事にチェックインが完了できたところで、いよいよニューヨークに瞬間移動です!到着したのはマンハッタン上空。景色がとってもきれいで、セントラルパーク、ブルックリン、クイーンズなどニューヨークの景色が360度見渡せました。

ここでは「How many Tokyo domes can fit into Central Park? (セントラルパークは東京ドーム何個分?)」といったプチクイズも楽しみ、ニューヨーク出身のジョニー先生がガイドとなってニューヨーク観光を満喫。VR英語学習プラットフォームimmerseは操作や画面切り替えもスムーズで、英会話を学ぶとともにVRの最新技術に感動しました。

最後はタイムズスクエアで巨大な広告に圧倒されつつ、あっという間にレッスンは終了。空港やニューヨークに行った気分を味わいながら、ゲーム感覚で英会話が楽しめました!

☆☆☆

AEON VRは「英会話を楽しめる」ことが最大の魅力。「机に向かって英語を勉強しているけど、つまらない」「実践的に話したい」といった人にうってつけです。料金は50分3,300円(税込)。イーオンの生徒でなくとも、満13歳以上であれば誰でも申し込めます。いまは海外旅行が難しいからこそ、VRで英会話を楽しんでみてくださいね!

・AEON VR
https://www.aeonet.co.jp/online/vr/

取材・文/小浜みゆ