ライフスタイル 混ぜるだけで“ふわふわモチモチ”のホットケーキになる意外なモノってなーんだ?

ホットケーキって懐かしい味がして、食べるとなんだか幸せな気持ちになりませんか?そして、ホットケーキのいいところは誰でも簡単に作れるところ。お料理が得意とは言えない筆者でも、ホットケーキは失敗しません。今回はそんな筆者が時々作る、混ぜるだけで簡単ふわふわモチモチなホットケーキの作り方をご紹介します!

ふわふわモチモチを目指して…

朝ごはんにはトーストを食べることが多い筆者ですが、たまに朝からいい気分になりたいときは、ホットケーキを作ります。“朝ごはんにホットケーキ”って、なんだか特別感がありませんか?混ぜて焼くだけなので簡単なのも嬉しいところ。前日の夜に混ぜて冷蔵庫に入れておき、朝の手間を省いたりもします。「明日の朝はホットケーキを食べるぞ〜」と思うと、楽しい気持ちで寝られるのでオススメです。

比較的、ホットケーキを食べる頻度が高い筆者は、以前、“ふわふわモチモチ”を目指して色々と試行錯誤していました。バナナやヨーグルト、マヨネーズ、みりん、メレンゲなど色々加えて“ふわモチ感”を研究しました。結果は、バナナはふわモチになるのですが、潰すのがちょっと面倒…、ヨーグルトはふわモチよりしっとり系、マヨネーズはふわふわになるけれど、パサつきが気になる…、みりんはどら焼きの皮っぽくなる…メレンゲは工程が大変過ぎてムリ…、など。

試行錯誤をくり返した結果、加えるだけで簡単に、理想的な“ふわモチ感”が実現できる材料を見つけたのです…。それがお豆腐!お豆腐は、すぐ潰れるので苦労もなく混ぜられ、ホットケーキがふわふわモチモチになる上に、ボリューミーにもなり、得した気分。さらに、お豆腐はヘルシーなため、朝からホットケーキをたくさん食べることの罪悪感もなくなります!以来、数年間にわたって、ホットケーキにはお豆腐を必ず加えています。絹ごし豆腐がオススメです!

ふわモチ!豆腐入りホットケーキの作り方

混ぜるだけで簡単にふわふわモチモチになる、豆腐入りホットケーキの作り方をご紹介します。材料はこちら!

お豆腐入りホットケーキの材料

材料

  • ホットケーキミックス 150g〜200g
  • 卵 1個
  • 豆乳(牛乳でもいい) 適量
  • 絹ごし豆腐 1/4丁〜1/2丁

①まずはホットケーキミックス、絹ごし豆腐、卵を入れ、豆乳は様子を見つつ、少しずつ入れながら混ぜます。

豆乳(牛乳)は少しずつ…

②スプーンですくって、なかなか生地が落ちないくらいの、もったりした硬さを目指します。

生地に見えるつぶつぶは、絹ごし豆腐のカケラです

③フライパンに生地を落とし、弱火〜中火で焼きます。普通のホットケーキを焼くよりも時間がかかります。片面5分くらいです。

焼いている時は、結構ふくらみます

④完成!

ふわふわモチモチホットケーキが焼き上がりました!

普通のホットケーキと比べてみました

お豆腐を入れたものと、入れない普通のものを作って食べ比べてみました。普通のを作るのは久しぶり…。

左がお豆腐入り、右が普通のです。

お豆腐入りのホットケーキは、見た目も少し色白になります。焼いてる時のふくらみっぷりはかなりのもので、入れないものとは全然違います。まずはお豆腐入りのホットケーキを実食。

密度がありつつ、 ふっくらしていますが、見た目には分かりにくいかも…

ふわふわモチモチで美味しいです!続いて普通のホットケーキ。

お豆腐入りに比べると厚みが少ないです

普通のももちろん美味しいですが、お豆腐入りと比べるとパサつきが気になります。ホットケーキが本来持っている“粉感”があり、これが好きな人は好きだろうと思います。続いて断面も比べてみます。

左がお豆腐入り。右が普通のです

見た目はそんなに違いませんが、やっぱり左の方がふっくらしてるかな…?

焼いたリンゴとはちみつをかけていただきます!

相変わらず美味しかったです。お豆腐は、1/4〜1/2丁くらいが丁度良く、お好みで量を変えます。よりふわふわさせたい方には1/2丁がオススメです。ぜひお試しください!

文/まなたろう