ライフスタイル 冷えが気になったら3秒でポカポカをチャージ!袋から直接飲むだけの「ヒートスムージー」って?

日に日に寒さが増してきましたが、お風呂に入ってもすぐに冷えてしまう、厚着をしても手足は冷たいなど、この時期になると「冷え」に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

理想の体温36.5 ℃以上を維持する「温活」と、腸を整える「腸活」を掛け合わせ、それぞれの効果を高め合いながら体質改善につなげる「腸温活」を推奨する、腸温活ブランドが「アルポカ」です。

そのまま飲むだけ!3秒で腸温活できるヒートスムージーを試してみました

コロナ禍以降、外出先で体温を測ることも多いですが、私の場合35.7度~36.2度で、36.5度に達したことはほとんどありません。暑がりで冷え性だと感じたことはないのですが、体温が低いのが気になっていました。

健康的な成人の理想体温は36.5℃~37.1℃と言われ、平熱が高いと免疫力アップや美肌効果、ダイエットの促進など女性にうれしい効果が期待できるとされています。

アルポカの腸温活商品はドリンク、サプリメント、入浴剤など多彩ですが、いずれも東洋医学の「気・血・水」という考え方がベースとなっています。「気・血・水」の3つがバランスよく体内を循環することが健康な状態と言われています。この3つのバランスを整えるには「身体のめぐりを良くする」「不要なものをしっかり出す」の繰り返しが重要。この循環を作り出してくれるのが温活×腸活の「腸温活」です。

体を温めるドリンクはたくさん市販されていますが、水や湯で溶かして飲むというひと手間が面倒で、つい忘れてしまいがち。いつでもどこでも、さっと気が付いたらチャージできるようなドリンクがあれば……と思っていたのですが、封を切ってそのまま飲むだけのヒートスムージーがあると聞き試してみました。

10gのスティック30包入りで4480円(※定期購入の初回価格)。初回はハローキティデザインのパッケージになっています。
袋から直接飲めるので、いつでもどこでもさっと飲むことができるのはうれしいですね。

期間限定のフレーバー「アルポカ ヒートスムージー アップルジンジャー味」は、普通の生姜の4倍栄養があると言われる「金時ショウガ」や、みかんの白い筋などに含まれ、血管を拡張させて血流を良くする「ヘスペリジン」、内臓温度アップにつながるコショウ科の香辛料「ヒハツ」を75mg 以上配合しています。

また、冷えの原因にもなる貧血に有効な鉄分を配合することで、全身に酸素が行き届くようになり冷え解消だけでなく、体のだるさ&肩コリ解消や、集中力の持続をアップにも。

色はハチミツのような琥珀色。甘みがあって飲みやすい味になっています。

個包装なので持ち運びもでき、パッケージの封を切って直接飲めるので、家や職場、カフェなど、場所を選ばず冷えが気になったときにさっと飲めるのがとても便利。

味はリンゴ風味のシロップという感じで、後味にジンジャーの辛味をガツンと来る感覚。そのままだと濃すぎると感じるときは、お湯に溶かして飲んでもOKです。

飲む本数や時間は厳密には決められていませんが、はじめの14日間は1日2包を飲むと、より効果が実感できるとのこと。私の場合は体温の低い朝と、寝る1時間前の2回飲んでおり、ポカポカ状態でベッドに入るためか、寝つきも以前よりよくなってきました。

アルポカを1か月飲んでみて、久々に外出先で体温を計ったら36.7度で驚きました。いつも36度台前半だったので、理想の体温に近づいてきたのかもしれません。

11月に「腸温活大使」にハローキティが任命され、1年間ハローキティとのコラボ商品も展開されるとのこと。アルポカのキャラクター「アルポカちゃん」とハローキティがコラボしたモフモフのオリジナルデザインが「ヒートスムージー アップルジンジャー味」の初回パッケージに起用され、ハローキティパッケージ購入者には、先着2000個限定でオリジナルタンブラーをプレゼントしています。

キャンペーン第1弾で公開された腸温活大使・ハローキティの体温は理想の「36.8℃」!

また、液状のアルポカは料理にも使うことができます。照り焼きや生姜焼きグラッセなどレシピの数々をYouTubeチャンネルで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アルポカレシピはこちら

© 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L624868

文/阿部純子