ライフスタイル 【ネタバレ注意】ファイナル目前!『バチェラー・ジャパン』4代目バチェラー黄皓さんが求める”真実の愛“とは?~その2~

2021年11月25日(木)からAmazon Prime Videoで独占配信中の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン(以下:バチェラー)』。シーズン4に選ばれたのは、2020年に配信された男女逆転の『バチェロレッテ・ジャパン(以下:バチェロレッテ)』シーズン1にも参加された黄皓(こうこう)さんです。最後のふたりまで残りましたが、ファイナルローズを受け取ることはできませんでした。

バチェロレッテ参加時から「この人はバチェラー向きでは?」と言われるほどすべてにおいてハイスペックな黄さんがバチェラーとして戻ってきたのです! 「バチェロレッテでは、本来の自分を出すのが遅すぎた」という黄さんは、バチェラーでは最初から本能のままに行動する姿を見せています。見ているこちらが恥ずかしくなるほどセクシーなデートも…。

そんな黄さんのアプローチ方法について伺った〜その1〜はこちら。今回は、結婚相手に求める条件を伺いました。

※本記事は一部ネタバレを含みます。ご注意ください。

黄皓(現在35歳)さん。4代目バチェラー。10代のときに中国から来日。4か国語を操る。早稲田大学を卒業後、大手商社での勤務を経て、起業。オンラインフィットネスサービスを提供する会社、サブスク型パーソナルジム・エステを運営する会社、上海を拠点にアパレル関係の貿易と物流を行なう会社の3社の代表を務める。

苦しいときにも側で支えて欲しい

--今回の参加女性も個性的な方々ばかりでした。女性たちもそれぞれ違ったアプローチをされていますが、共通して黄さんがチェックしていたポイントはありますか。

「結婚を考えたときに家族との仲の良さは重要なポイントでした。会話の中で必ず聞くようにしていたと思います。それと何か問題があったときにポジティブにとらえられるか、ネガティブになるのかを見ているところもありましたね。嫌なことが起きたときに解決策を見つけようとするパターンもあれば、ネガティブになって逃げるパターンもあると思うんです。どちらが良い悪いではなくて、どちらのパターンなのかということは気にしていました」

--黄さんは結婚相手は「苦しいときに一緒にいられる人」とも答えていらっしゃいましたね。そういうとき、男性に対して優しくするのが正解ですか。

「必ずしも優しくしてくれて、褒めてくれる人がいいとは思っていなくて、叱ってくれることも必要だと思っています。僕がなぜ苦しんでいるのか、どうして世の中を敵に回してしまったのかを考えてくれて、そのうえで寄り添ってくれたり、叱ってくれたり、救ってくれる人は誰なんだろうという目線で見ているときはありました。

ちょっとしたマイナスな出来事で幻滅されたり、心が離れてしまう人とは一生を添い遂げられる自信がなくて。人間、良いときは誰でも良く見えるんですよ。僕が称賛されて経営者として成功していて、尊敬されているときは誰でも好きになってくれる。そうじゃなくて、事業に失敗したときや世間から後ろ指を刺されるようなときにずっと側にいて、支えてくれる人。それが理想です。僕の父親は8度も事業に失敗していて、そのときに母は何も疑わず当たり前のように側にいて、支えていました。だから僕も結婚相手にはそれを求めているんだと思います。

4話以降で、僕と女性たちの意見が食い違うところがあります。ひとつの問題があったときに、僕に向けられる感情や言葉もひとりひとり違いました。どれが良いということではなくて、僕はこれが欲しいと感じることはありましたね。残った人は、そのフィーリングが合ったんだと思います」

--例えば合コンとかの短い時間で、そういう内面的な部分を相手から読み取るのは難しそうですよね…。

「バチェラーも約3か月間といえば長いですが、実際に女性ひとりひとりと会える時間を合計したら数時間しかないから、そういう意味では合コンに近いと思います。その短い時間で、僕は相手の本質を見たいと思っていました。『真実の愛を見つける旅』ではありますが、30年間真実の愛が見つかっていないのに、たかだか数時間で見つかるのかって話で。見つけるんだとしたらやっぱりそこは良いところも悪いところも見えないとダメだと思うんです。

僕もバチェラーファンとしてシリーズは見てきましたけど、恋愛って楽しいデートの繰り返しや『素敵です、好きです』ってだけじゃないじゃないですか。素敵だけどあの人のこういうところが苦手だとも思うし、浮ついたところが不安だなとか、好き以外にも気になるところは出てくるもの。普段の生活では悩んで揉めて恋愛は進んでいくのに、バチェラーにだけは幻想を求めてくる。でもこっちは本気で結婚相手を探しに来てるんだから、自分の本心で旅に向き合うことを優先しました。だから女性たちとぶつかって意見し合うことを拒みませんでした。むしろそういうときのほうが人の本質は出てくるし、良い悪いだけじゃなく、合う合わないもわかると思います。そういう部分含めて僕は、自分のパートナーを探すために行動をしただけです」

--意見の食い違いが起きたときに黄さんが女性ひとりひとりと真摯に向き合っているのは見ていて感じました。それを受け入れられるかどうかは女性次第というのもあったんですね。今回のシーズン、もうひとつ気になったのはキスの多さです。みなさんとキスされていましたが、それはどういう心理からなんでしょうか!

1 2