ライフスタイル 四柱推命の結果に落ち込んだことのある人必見!運命との付き合い方と活用法

そろそろ年の瀬も迫り、新しい年を迎えようとしています。年末年始のお休みは、自分の将来のことや叶えたい夢についてじっくり考えたいものです。

来年の運勢はどうなっているか、ふと占いが気になる人もいるでしょう。でも、「来年はあまり運気がよくありません」などの悪い結果が出ると不安になるものです。

そうした運命を信じるかどうかは人それぞれですが、占いとの付き合い方を少し学んでみるのもいいのではないでしょうか。

そこで今回は、占いの中でも「四柱推命」の専門家である星絢さんに、四柱推命における「運命」の考え方や、四柱推命に関する素朴な疑問を伺いました。自分の運命との付き合い方のヒントとなるでしょう。

四柱推命では「運命」は決まっている?

運命は変えていくことができる?

四柱推命とは、万物は木・火・土・金・水の5つからできており、相反する陰と陽の2種類の気に分けられ、この5つの要素と気が化合したり、転変したりして、この世のすべてを作り上げているという「陰陽五行説」に基づく中国の占術の一つです。

自分の生まれた「年、月、日、時間」の4つの柱に適用される十干十二支の組み合わせから、性格や受け継いだもの、運勢を鑑定します。

そんな四柱推命、簡易的な占いであれば、きっと誰もが鑑定してみたことが一度はあるのでは? 四柱推命の結果を見ると、自分にとって良い悪いに関わらず、「こういう運命にある」ということが分かります。そもそも四柱推命の鑑定結果の「運命」は決まっており、変えられないものなのでしょうか? 星さんに伺いました。

「運命は、変えることができない『宿命』と、自分で変えることができる『立命』によって成り立っています。

『宿命』とは、“いつどのような要素を持って生まれるか”というほぼそれだけであり、『立命』とは、それ以外のすべてです。ですから、運命とはほぼ立命のことであり、変えていくことができます。

本来の自分の性格・資質・強み・運気の流れは、変えることができない宿命ですが、それは良い・悪いというものでもなければ、『いつ病気になる』などの具体的なことでもありません。

そのため、いかようにでも活かすことができますし、ある程度の傾向を知って対策がとれるということでもあります。

変えられない宿命を認識し、それを活用しながら、自分が望むように運命を変える。四柱推命の結果をそうとらえると、分かりやすいのではないでしょうか」

次のページでは、四柱推命で悪い運命が分かったとき、どうすればいいかを解説していただきます。

1 2 3