ライフスタイル 2度の離婚を経て…いしだ壱成さん似の彼を矯正させた私の話【前編】

俳優・いしだ壱成(47歳)さんの3度目の離婚が話題だ。’03年に1回目の結婚をして、一児を授かるも’06年に離婚。2回目は’14年に再婚し’17年に離婚。そして’18年に24歳年下の女性と授かり婚をしたが’21年に離婚。

「トレンディドラマで夢のようにカッコいい壱成さんを見ていて、子供心に大ファンになった」と言う美緒さん(仮名・35歳・IT関連会社勤務)。そして、「もうすぐ結婚する私の彼(44歳)が、壱成さんに似ているんです。でも交際期間中に私に不利益をもたらす部分は、ガチで矯正しました」と続ける。今回は、そんな彼を社会人として定職に就かせるまでの数年に渉る歩みについて聞いた。

「ダメ男」とか「ダメンズ」とかは言わない・言わせない

美緒さんと彼が出会ったのは、あるバンドの打ち上げ。

「彼はバンドブーム時代にインディーズでデビューして、そこそこの結果を残したんです。テレビには2回出ていますが、YouTubeなどの動画には上がっていません」

そこでかなりちやほやされたという。

「当時はバブルの気配が残っていたし、お金もめちゃくちゃ入って来た。彼は大学を2日でやめて、音楽に専念しようとしたらしいんですけれど、めっちゃ厳しい世界。結局、他のバンドのサポートをしたり、女性に食べさせてもらったりしているうちに、ズルズルと結婚したそうです」

彼は、25歳で結婚し、28歳で離婚した。

「最初の結婚相手の女性との間には、19歳になる息子がいるそうですが、一度も会っていない。元嫁さんは大手企業に勤務している女性で、子供を一人で育てたそうです。“俺みたいなダメ男がそばにいると、ろくなことはない”とよく言っていました。おそらく、彼は周囲の人に“ダメだ、ダメだ”と言われ続けたから、今までの人生が上手くいかなかったんだと思うんです。そういう言葉を言わない・言わせなければ、変わるのでは?と感じました。出会った当初は私も彼氏がおり、彼も結婚していたので、男女の関係にはなりませんでした」

それから半年後に、美緒さんと彼は飲み会で再会し、なんとなく交際することになる。

「当時私は30歳。彼は39歳で2番目の奥さんと離婚したばかりだったんです。私も彼と別れたばかりでした。その理由は上場企業に勤務していた彼が、モスクワに転勤になり“ついてくるよね。結婚しよう”と言われたこと。もともと、男尊女卑っぽい態度をとる人でしたが、さすがにそれは…と思い、別れたのです」

毎月の養育費に5万円を支払っている

1 2