ライフスタイル 日本そばが二郎系に!?「牛もつ煮込みと極太肉そば 権三」でニンニクマシマシ肉そばを食べてきた【麺喰い女子】

麺喰い女子の皆さん、麺類たべていますか?今回ご紹介するのは12月に東京・西葛西にオープンした「牛もつ煮込みと極太肉そば 権三」。こちらは首都圏を中心に展開する「三田製麺所」を手掛ける、エムピーキッチンがスタートさせた新ブランドとなっています。三田製麺所は濃厚な魚介つけ麺がメインですが、権三で提供されるのは、ラーメンではなく日本そば。しかもラーメンで大人気を博す“二郎インスパイア系”のメニューが提供されるというのです。

甘辛いそばつゆとニンニクマシマシ、その相性は?

お店があるのは、東京メトロ東西線・西葛西駅から直結している商業施設の中。黄色い暖簾と赤ちょうちんが目印で、オシャレではないけれど雰囲気のある外観です。

「肉そば」680円

こちらのメインメニューはまず、屋号にもある「肉そば」。甘辛く味付けされたたっぷりの豚バラ肉とネギが入った美味しそうな一杯となっていますが、今回筆者が着目したのはこちらではありません。

「スタミナ肉そば」780円

モヤシと豚肉、そしてたっぷりの生ニンニクが入った「スタミナ肉そば」です。ビジュアルをみると完全に“二郎インスパイア系”ですが、麺はラーメンではなく日本そば。スープも魚介だしに甘辛いしょう油の味付けをした、いわゆるそばつゆなのです。日本そばに二郎系。このマッチングは果たしてアリなのでしょうか?さっそく食べてみました。

麺は細麺に変更することもできるそうです!

まず驚いたのは麺!一般的な日本そばにはほとんどない極太サイズとなっています。そうめんなどでもおなじみとなっている兵庫県の清流「揖保川」のほとりで作られているそうですが、ラーメンとはまた違ったコシの強さと、そばのうま味が楽しめました。

そして気になっていたのが、二郎系との相性。まず、ニンニクと甘辛いそばつゆとの相性はズバリ、めちゃめちゃいい!さらに豚肉のうまみとモヤシのシャキシャキとした存在感が加わり、どんどん食べ進めることができました。ラーメンと違って豚骨のスープも背脂もないので、二郎系特有の胃にずっしりとくる重量感もありません(それもまた魅力なのですが)。「二郎系、食べてみたいけれど食べきれるか心配…」という人は、こちらがオススメかもしれません。

1 2