ライフスタイル リアルな空に浮かぶラピュタ発見! 映え写真が撮れる「XRシティOSAKA-UMEDA」開催中

バーチャルなキャラクターが実際の空間の中にいるように見えるXR技術が体験できるイベント「XRシティOSAKA-UMEDA」(以下、XRシティ)が大阪梅田エリアで、2022年1月10日(月)まで開催されています。

話題のXRが体験できるイベントが開催中!

XRとは、VR(バーチャル・リアリティ/仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)と呼ばれる、現実世界とネット上の仮想世界を融合する技術の総称です。スマホのアプリやスマートグラスなどのデバイスを使って、実際の空間の中にバーチャルなキャラクターを登場させたり、いろいろな情報を表示させたりできます。例えば、スマホゲームの「ポケモンGO」や、先日オープンしたUSJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」に登場したマリオカートのアトラクションにも使われていることで知られますが、さらに用途が広がっています。

今回のイベントは、ドコモが開発する「XRシティ」というスマホアプリを使って、いろいろな場所でXR体験ができるというもの。阪急うめだ本店で開催されている「アニメージュとジブリ展」(以下、ジブリ展)とコラボしていて、4カ所ある体験スポットでさまざまなXRコンテンツが楽しめます。

アプリは無料でiOSとAndroidのどちらでもOK。ただし対応できない機種もあります。

体験方法は簡単。アプリを立ち上げてから体験スポットにある建物にカメラをかざすと、XRカメラが起動します。あとはスポット内を移動しながら、アプリを使っていろんな角度からコンテンツを見たり、撮影したりできます。体験スポットはアプリの中から探せます。

操作方法はチュートリアルで解説。

例えば、阪急うめだ本店の9階にある祝祭広場では、アプリを広場にかざすとクリスマスイルミネーションに雪が降っている風景になり、空中にポスターが登場します。ポスターはタップするとイベントの情報が表示され、アプリの中にある機能を使って、バーチャル空間にらくがきしたり、写真や動画を撮影したり、そのままSNSにもシェアできます。

スマホをかざすとリアル空間にバーチャルなコンテンツがあらわれる!
らくがきを書いたり、横位置での操作もできる。
ポスターをタップして情報を表示したところ。

他にも、スポットごとにいろいろなコンテンツが用意されています。アニメージュの表紙をチェックしたり、空に浮かぶ天空の城ラピュタを発見したり、キャラクターがダンスするアニメーションなどもあって、スポットによってはクーポンもゲットできます。

コンテンツはアプリから探せます。
空に浮かぶラピュタを発見!
キャラクターと一緒にダンスをして動画も撮れちゃう。

なかでもオススメなのは翼をモチーフにしたデジタルアートで、ゆっくりと羽ばたく美しい羽根を作品として観るだけでなく、作品がある場所に立つことで、羽根がはえているような写真やムービーを撮影することができます。

ゆっくりと羽ばたく羽根と一緒に記念撮影してみよう!

最新のスマホにはAR対応機能がデフォルトで搭載されることもあり、いろんなアプリやサービスが増えています。オープンな場所で使えるXRを活用したイベントも、これからもっと身近になってくるのはまちがいなさそう。ぜひこの機会に最新のコンテンツを体験してみてくださいね。

公式サイト: https://xr.docomo.ne.jp/xrcity-osaka_umeda/

取材・文/野々下裕子