ライフスタイル ケイト・スペード ニューヨークの気分が上がるおすすめ春財布3選

春財布は、財布が“張る”ということで、金運アップを願ってこの時期に買い替える人も多いですね。春に新調すると縁起が良いのはもちろんですが、毎日持ち歩くものだから、どうせ買い替えるなら気分が上がるものを選びたいですね。

そんな華やかな気持ちにピッタリなのが、2022年春のテーマが「Party in the park」という『ケイト・スペード ニューヨーク』のお財布です。カラフルでキュートなお財布の中から、それぞれのライフスタイルに合うようタイプの違う3つをご紹介します。

変わらず愛用者が多い二つ折りタイプ

ケイト・スペード ニューヨーク ノット スモール コンパクト ウォレット 27500円(税込み)※2022年1月末発売予定 。

お花や蝶が舞い、ウキウキした気分で出かけたくなる2022春コレクション。どれにするか悩みますが、お財布は、かわいいだけでなく、ライフスタイルによって選ぶタイプが変わります。ケイト・スペードでは、二つ折りタイプのお財布は、変わらず人気だそう。こちらは春の新色のピンクとグリーン。かわいらしく甘すぎないのがいいですね。今シーズンのお花柄タイプもいいですが、長く愛用するならこの2色がおすすめです。

カード入れのほかにもポケットがあり収納たっぷりです。

内側は、カード用のポケットが6枚分のほか、レシートなど自由に入れられるポケットもあり、お財布の中の整理が簡単にできます。

小銭入れは二つに分かれています。

ジッパータイプの小銭入れは、二つに分かれています。これは、かなり便利です。小銭を使う機会が減っていますが、筆者は、1円玉と5円玉だけ分けて入れて使っています。現金で半端分を支払うときに、お財布の中で、すぐに見つけられてスマートですよ。

お支払いのメインが、カードかモバイルならカードケースを

ノット ジップ カードホルダー 16500円(税込み)※2022年1月末発売予定。

バッグは小さめ、ほとんど現金を使う機会がないなら、断然カードケースがおすすめです。カードが6枚入り、小銭も入れられ、キーケースとしても使えます。

キーケースであり、小銭入れとして使えます。

バッグは小さい方がかわいく見えるということで、小さめバッグで出かける派には、とても便利です。バッグには貴重品のみで、かわいいエコバッグに荷物を入れてお出かけするときにも便利ですね。小銭入れって、もしかしたらなくても大丈夫かなと感じることもありますが、ときには現金のみでしかお支払いできない場合もあるため、現金を少し入れられると安心です。小銭だけじゃなく、お札も折りたたんで入れられます。

カードホルダーも充実の三つ折りタイプ

スペード フラワー コーテッド キャンバス ミニ トライフォールド ウォレット 17600円(税込み)※2022年1月末発売予定。

二つ折りタイプは、持ち歩くバッグのサイズ的に大きすぎるけれど、カードホルダーにしてしまうよりは現金も使いたい。そんなときは、二つ折りよりもコンパクトにバッグに入れられる三つ折りタイプがおすすめです。

ケイト・スペードで久しぶりに登場する三つ折りタイプです。正面から見たサイズはカードケースとあまり変わらず、厚さがあるコンパクトさです。サコッシュなどにも入れられるサイズで、お札入れと小銭入れが分かれています。

札入れのサイドにカードホルダーも。

札入れ部分の内側には、なんと3枚もカードが入るように設計されています。3枚入れば、デイリーに使うカードは網羅できそうですね。このコンパクトさで、この収納力は便利ですね。

中がしっかり確認できる小銭入れも。

スナップタイプで開けられる小銭入れは、中がしっかり確認できます。最近、コンパクトなお財布の小銭入れは、口が大きく開かないタイプも増えているため、これは便利です。

バッグが小さくなったことで、小さめのお財布を選ぶ傾向が高まっています。ただ、お札が曲がったり、折りたたんだりするのがどうしてもいやという人やカードが大量にあるという人は一定数いらっしゃるそうで、今回はご紹介しませんでしたが、長財布も変わらず展開されているので、長財布派の方もぜひ、チェックしてください。

☆☆☆

せっかくお財布を新調するなら、金運アップを願って縁起も担ぎたいところ。購入する日や使い始める日は、一粒万倍日や天赦日など、運気のいい日がおすすめです。ちなみに直近なら、2022年1月11日が、一粒万倍日+天赦日です。3月26日なら、さらに寅の日と重なります。春財布の時期に、新しいお財布を選んで運気を引き寄せて、2022年をいい年にしたいですね。

Kate Spade NEW YORK(ケイト・スペード ニューヨーク)
https://www.katespade.jp/

取材・文/林ゆり