ライフスタイル 焼いたり生ハムをのっけたり、シュトーレンのアレンジレシピをひとりで楽しんでみた!

クリスマスシーズンになると食べたくなるシュトーレン。最近はいろいろな種類を見かけるようになりましたね。日本人は本当においしいものに貪欲だなぁと感じます。今年はおうちクリスマスの予定だから、思い切っていくつか買ってみようと思ったのですが……買いすぎました。このままでは食べきれない、もしくは私がサンタのようなフォルムになって終わる!!
焦って調べたところ、シュトーレンにはアレンジレシピが数多く存在することを知りました。今回は手軽な2つのアレンジを楽しんでみました!

おひとり様のシュトーレンライフ!長く楽しむために真ん中から切って

「南ヶ丘牧場のシュトーレン」1,680円(税込)。送料は900円(北海道・九州・沖縄県は1300円)。

まずは年中買えると話題の栃木県那須にある「南ヶ丘牧場」のシュトーレン。アマゾンで購入できるのでお取り寄せしてみました。

約500g! 縦11×横17×高さ7cm(大きさはおよそ)。

……だいぶ大きかった。大きめのお皿にまるまるとのっています。
1人で食べきるのはちょっと難しそう……。

なお、長く楽しむには真ん中から切って食べるのがポイント。残ったシュトーレンは切り口を合わせてラップで包んで密閉容器や密閉袋に入れて保存しておくと、切り口が外に出ないのでパサパサになりにくいそうです。私は、不器用すぎて切り口がいびつで断面が全然くっつかなくなりましたが…、まあ端から切るよりは乾燥しにくいだろうと自分に言い聞かせます。

ひとまず、普通に食べてみました。ナッツとドライフルーツぎっしりでとてもおいしい!オレンジピール、チェリー、レーズンなど……。食べ応えがすごいです。しっとり生地と、周りのお砂糖、食感の違いもまた楽しい。
高さもあり密閉容器に入りきらなかったので、ラップに包んで保存するのがおすすめです。

「シュルンダー ミニマジパンシュトーレン(200g)」538円(税込)。
縦9.5 ×横20×高さ6cm (大きさはおよそ) 。

もう一つ、カルディでも購入しました。

実はこれ2個めのやつ。ハーフサイズを買ったら、ペロっと食べてしまいまして……。すごくおいしいです。大きいドライアップルが入っていて存在感ばつぐん!生地はやや硬めでしたが、食べやすかったですよ。こちらは持っている密閉容器に入りました。

周りを包む真っ白い粉砂糖を1度ひっくり返し床にぶちまけ、私の頭の中も真っ白になりました……。保存の際にはその点ご注意ください。

ちょい足しで!シュトーレンアレンジレシピ

さて、「南ヶ丘牧場のシュトーレン」を使って2つのアレンジレシピに挑戦しました。

その1:バターを塗って焼く

シュトーレンのアレンジレシピひとつめです。まずバターをつけてトースターで軽く焼き直します。バターが溶けてとろじゅわ~となるそうです。

バターが染みてまた違った美味しさ!

せっかくなので“魔法のバター”なるスペシャルなお取り寄せバターをつけて食べました。トースターで7分ほど……美味しそう。しみしみになっております。

もともとバターをたっぷり使ったお菓子ですが、塗って焼くことで味わいに奥行きが増し、香ばしさも感じられる!ほかほかしたシュトーレンは普段とはまた違う美味しさです。

その2:クラッカー風に食べる

お次は生ハムやチーズを載せてクラッカー風に食べるというもの。載せるだけなのでお手軽!

甘さ×しょっぱさは止まらなくなりますよね。

生ハム切り落としを買ったのでのせてみました。一気にクリスマスディナーっぽさというか、おつまみっぽさが増しますね。好みは分かれるかもしれませんが、シュトーレンの甘さと後から来る生ハムのしょっぱさ!!私はクセになりましたよ。止まらない!
罪深いカロリーにはなりますが、クリームチーズをのっけてもおいしかったです。

アレンジレシピで楽しいシュトーレンライフを!

他にも日が経ってしまったものは、パングラタンにするというアイディアもありました~。私は原稿執筆時点でだいぶ食べ進めしまったのでそこまでもつのかどうか(笑)。卵液をひたしてフレンチトースト風にしても美味しそうだなぁと思います。
シュトーレンの楽しさは無限大!年末年始に少しずつ食べ進めるのもいいですね。ぜひやってみてください!

文・撮影/宇野なおみ