ライフスタイル AndroidスマホでもiPhoneでも使える!FOSSILの最新スマートウォッチをレビュー

女性が使いやすく、毎日がちょっと楽しく便利になるデジタルガジェットを、ライターの太田百合子さんが解説! 豊富な知識と自腹買いであれこれ試した経験からガチのオススメを紹介します。

★★★

Androidスマホで使えるモデルが増加中

2021年におうち時間が長くなり、多くの人が運動や健康に関心を持ったことで、意外なヒット商品となったのがスマートウォッチやスマートバンドです。MM総研が2021年9月に発表した「スマートウォッチ市場規模の推移・予測と利用実態」という調査によれば、2020年度のスマートウォッチの国内販売台数は、前年度比19.9%増の229.4万台。2021年度はさらに伸びて、前年比31.9%増の302.5万台になると予測されています。

メーカー別の販売台数シェアではもちろん、アップルの『Apple Watch』シリーズがダントツの1位なのですが、『Apple Watch』はAndroidスマートフォンでは使えないのがネック。そこで今、じわじわ注目を集めているのが、Androidスマホと相性の良い「Wear OS」を搭載したスマートウォッチです。

「Wear OS」はGoogleが提供する、スマートウォッチ向けのOS(基本ソフト)で、多くのメーカーがこのOSを採用したスマートウォッチを発売しています。時計メーカーや有名ブランドの中にも、Wear OSを採用するメーカーは多く、スマートウォッチの便利さ+時計メーカー&ブランドの安心感が人気の秘密になっています。今回はそうした中から、FOSSILの最新スマートウォッチ『ジェネレーション6 タッチスクリーンスマートウォッチ FTW6077』を紹介します。

デザイン面をチェック!

FOSSIL『ジェネレーション6 タッチスクリーンスマートウォッチ FTW6077』(3万9600円)。
FOSSILは1984年創業のアメリカのライフスタイルブランド。

丸型のディスプレイに3つの竜頭など、時計としてのデザイン性も高い『ジェネレーション6 タッチスクリーンスマートウォッチ』。

42mmのローズゴールドのスチールケースに、ベゼルにはラインストーン。同色のスチールバンドを採用したこの「FTW6077」のほか、44mmのモデルやレザー、シリコンストラップなど、豊富なラインナップが選べます。FOSSILのスマートウォッチは、ウォッチフェイスのデザインが豊富なのが特徴で、ウォッチの画面またはスマートフォンにインストールした「Wear OS」アプリから、好きなデザインの文字盤が選べます。

ポップなデザインからアナログ時計まで幅広いTPOにあわせたデザインが選べます。

電池持ちが良く、急速充電に対応

バッテリーをセーブするためにディスプレイをスリープしているときも、文字盤は常に表示されているので、時計として使いやすいのもポイント。また心臓部となるチップセットに、サクサク動いて、しかも省電力な「Snapdragon Wear 4100+」というチップを採用しているので、電池持ちが良く、30分強の充電で約80%まで復活する急速充電にも対応しています。

専用の充電ケーブルはマグネット式になっていて、背面にぴったりくっつく。

ヘルスケア機能も充実

Androidスマートフォン向けのヘルスケアアプリ「Google Fit」と連携し、歩数や消費カロリー、距離、運動量のほか、運動時や休息時の心拍数、睡眠時間や眠りのサイクルが記録できます。運動はウォーキング、ランニングのほか、サイクリング、筋トレ、ヨガ、水泳など幅広いエクササイズに対応。血中酸素濃度を測れる「SpO2センサー」も搭載していて、いつでも血中酸素濃度をチェックできます。

「SpO2センサー」を搭載し、いつでも血中酸素濃度が測定できます。

スマホでよく使う機能を腕元で

Bluetoothでペアリングしたスマートフォンから様々な通知が受け取れるほか、スマートフォンと連携して電話の受発信も。スマートフォンが見当たらないときは、ウォッチから音を鳴らして探せます。Googleアシスタントを使った音声操作にも対応していて、調べ物や翻訳、タイマーやアラームのほか、リマインダーやスケジュールなど、スマホでよく使う機能を腕元や音声で確認することが可能。Spotifiアプリで音楽も楽しめます。ほかに手洗いの時間を20秒間カウントダウンしてくれる「手洗いタイマー」なども備わっています。

3つの竜頭の真ん中を押すと、アプリ一覧が表示されます。タッチのほか竜頭を回してスクロールすることもできます。上下2つのボタンは設定で好きな機能を割り振ることができます。

「Wear OS 3」にアップデート可能

Googleは「Wear OS」をアップデートした最新の「Wear OS 3」を、すでに一部のスマートウォッチ向けに提供を開始しています。この新しいOSではより多くのアプリが利用できるようになっていて、ウォッチに機能を追加することができます。『ジェネレーション6 タッチスクリーンスマートウォッチ FTW6077』は、「Wear OS 3」へのアップデートがサポートされているので、購入後に様々な機能を追加できるのも魅力。なお、『Apple Watch』は『iPhone』でしか使えませんが、「Wear OS」搭載のスマートウォッチはAndroidスマートフォンだけでなく、『iPhone』でも使えます。

新年に運動やダイエットを始めようと思っている人や、健康管理をしっかりやりたい人は要チェックです。

文/太田百合子