ライフスタイル 【売切れ注意!】ミスドがベルギー王室御用達「ヴィタメール」と開発したドーナツは、まるでショコラケーキ!?

ミスドの冬メニューといえば、2019年から有名パティシエなどとのコラボで人気のショコラドーナツが思い浮かびます。今年は、ベルギー王室御用達パティスリーブランド「ヴィタメール」と、日本初の共同開発された4種のドーナツが期間限定で登場です。王室御用達ブランドとの共同開発とのことで、発表会はベルギー大使館で開催され、新食感のドーナツを試食してきました。

ドーナツの枠にとらわれない見た目と食感

日本初「ヴィタメール」と共同開発したミスドの期間限定ドーナツ。

「いいことあるぞ ミスタードーナツ」というブランドスローガンのもと、最高においしい商品や価値、ワクワクする気持ちを届ける「misdo meets」を商品開発のテーマとしている「ミスタードーナツ」では、最高水準の素材と技術をもったブランドと共同開発した商品を展開しています。

今回の「ヴィタメール」との共同開発は、日本初ということもあり、ベルギー王国大使館 特命全権大使のロクサンヌ・ドゥ・ビルデルリングさんからのメッセージも披露されました。

「ベルギーを語るうえでチョコレートは欠かせません。ヴィタメールとミスタードーナツの共同開発商品ができたことは喜ばしいことです。日本とベルギーの味を堪能してください。」(ロクサンヌ・ドゥ・ビルデルリングさん)

ヴィタメールは、1910年にベルギーの首都ブリュッセルで創業し、1990年に、日本に初出店しています。現在も本国ベルギーと日本のみでショコラやケーキ、焼き菓子など伝統の味を作り続けているブランド。ミスドとのコラボで一体どんなドーナツになるのか、期待が高まりました。

左から:株式会社ダスキン ミスタードーナツ事業本部 販売企画部 商品開発室 津田宗俊さん/ショップクルー/ミスタードーナツ事業本部長 根本誠之さん。

「ドーナツは手軽な割に、手土産にすると喜んでもらえます。」と、ミスタードーナツ事業本部長の根本誠之さん。ドーナツ専門店だからこそ、ドーナツの価値を創造し続けているそうです。今回は、共同開発として日本初の取り組みかつ、食感の新しさがポイントとのこと。

「以前のショコラドーナツは、しっとり濃厚な食感でしたが、今回の商品は、口どけのよい軽い食感に仕上げました。」(販売企画部 商品開発室の津田宗俊さん)

約1年かけて商品開発されたと聞き、ますます試食が楽しみになりました。

1 2