ライフスタイル 2022年3月閉館!最後にヴィーナスフォートへ行ったらセンチメンタルになった

ヴィーナスフォートが閉館──そのニュースを聞いたのは昨年の夏。開業から約22年と考えるとそういうこともあるかと思いつつ、やはり驚きを隠せませんでした。

ヴィーナスフォートを含む東京お台場「パレットタウン」は各施設ごとに順次閉館し、ヴィーナスフォートは2022年3月27日(日)をもって営業終了。「もう二度と行けなくなる…」と思い、学生時代の思い出を振り返りながら最後に行ってきました!

定番デートスポットだった思い出の地。閉館前にヴィーナスフォートへ

中世ヨーロッパ風の内装が特徴のヴィーナスフォート。

1999年3月、臨海副都心エリアに誕生したパレットタウン。アラサーの筆者の大学時代はデートスポットの定番で、特にヴィーナスフォートはお台場に行ったら必ず訪れていた場所。中世ヨーロッパ風の内装が目新しく、ヴィレッジ・ヴァンガードや流行りのファッションブランドで買い物をしたり、話題のお店で食事をしたり、楽しかった思い出が蘇ってきます。トヨタの体験型テーマパーク「MEGA WEB」にもよく立ち寄っていましたが、こちらは2021年12月31日(金)に閉館。静かなMEGA WEBを見て、「本当に閉館してしまうんだなぁ」としみじみ感じました。

噴水広場で開催される「Thankful Carnival Show」。

ヴィーナスフォートでは営業終了日に向けて、ファイナル企画「VenusFort Thankful Carnival」を開催中!館内はイルミネーションや光のフォトスポットでキラキラと輝き、最後の冬を華やかに盛り上げています。特に営業時間中30分毎に噴水広場で開催される「Thankful Carnival Show」は必見。荘厳な音楽と光が織りなすハートフルな3分間のショーは寂しさもありつつ、「今までありがとう」という感謝の気持ちが伝わってくるような素敵なショーでした。

2F「STEAK & CAFE by DexeeDiner」。

館内のカフェ&レストラン17店舗では「Thankful Carnival MENU」としてお客様に感謝の気持ちを込めて考案した特別メニューを展開!第一弾からはじまり、2022年2月25日(金)までは第二弾のメニューが販売中です。

特別メニュー「VenusFortパンケーキ」1,100円(税込)

2F「STEAK & CAFE by DexeeDiner」の特別メニューは「VenusFortパンケーキ」!DexeeDinerの大人気パンケーキが、VenusFortのイメージカラー「ブルー」「ピンク」「グリーン」のクリームチーズフロスティングで彩られています。厚みのあるふわふわパンケーキに、酸味のあるクリームチーズフロスティングは意外と食べたことがないおいしい組み合わせ!バニラアイス・生クリームもトッピングされていて、味の変化も楽しみながらペロリと食べられます。

大観覧車&エプソン チームラボボーダレスは8月末まで!お台場のシンボルと最後のお別れ

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス 大人(高校生以上)税込3,200円、障がい者割引 税込1,600円、子ども(中学生以下)税込1,000円 ※3才以下は無料 ※障がい者割引の対象は、障がい者手帳をお持ちの方ご本人様と同伴者1名まで。

「パレットタウン大観覧車」と「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」もヴィーナスフォートと同じく、今年が最後に行けるチャンス。この2施設の営業終了日は2022年8月31日(水)です。

幻想的な「ランプの森」。

エプソン チームラボボーダレスは「さまよい、探索し、発見する」体験を提供する「地図のないミュージアム」。鑑賞にあたって順路はなく、約10,000平米の真っ暗で広大な空間を迷路のように自由に進みながらアートを楽しみます。空間全体が作品なので身体ごとアートの一部として没入。現実離れした体験に圧倒されます!

アプリを使って作品と連動。

ミュージアムをより楽しむために「チームラボアプリ」をあらかじめダウンロードしておくのがおすすめ。作品は一定の場所に留まらず移動するというユニークな展示方法なので、自分のスマホでアプリを見て作品について深く知るというスタイルです。また、「The Way of the Sea in the Crystal World(クリスタルワールド)」ではアプリで好きな文字を選択すると、その文字が持つ世界が空間に広がるという仕掛けも!例えば「火」を選択すると真っ赤に燃え上がり、作品との連動を楽しめました。

お台場のシンボル「パレットタウン大観覧車」大人1,000円。

最後に向かったのは「パレットタウン大観覧車」。お台場のシンボル的存在でもあるこの観覧車が無くなることは寂しいなぁと心から思います。筆者は学生時代に乗れなかったのですが、友人の中には歴代の彼氏と乗ったという強者も。それぞれの心に、強く思い出に残っている場所のひとつですよね。

360度透明の「シースルーゴンドラ」。

パレットタウン大観覧車はカラーゴンドラとシースルーゴンドラがあり、せっかくなので360度透明のシースルーゴンドラへ!料金はどちらに乗っても変わらず、4台のみのシースルーゴンドラは人気のため待ち時間が発生することが多いです。ゴンドラに乗り込むとぐんぐんと上がっていき、東京タワー、レインボーブリッジ、東京スカイツリーなど東京らしい景色がお目見え!「こんな景色が見れたのか〜」とその美しさに感動しつつ、もう二度と見られないであろう風景を見て感傷的な気分になりました。

☆☆☆

多くの人の心に残っているパレットタウン。閉館は寂しいけれど、今後は新たな賑わいに繋がる施設ができる予定とのことで、未来も楽しみです。閉館前に一度、ヴィーナスフォートに足を運んでみて下さいね!

・ヴィーナスフォート
https://www.venusfort.co.jp/

取材・文/小浜みゆ