ライフスタイル つい飲み過ぎちゃう人は覚えておこう! みんなの「二日酔いにならないための対処法」

今日は飲みすぎないぞ! と心に決めて飲み会に参加するものの、盛り上がってくるとついつい飲みすぎてしまい二日酔い……そんな経験ありませんか? 週末ならまだしも、翌日も仕事となるとちょっと問題。そこで、株式会社湘南貿易が実施した「二日酔いにならないためにしてること」についてのアンケート結果を紹介します。

予防は最大の治療! 二日酔いにならないためには?

お酒を翌日に持ち越さないために、みんながしている工夫とはどんなことでしょう?

飲み会は楽しみたい! でも翌日は仕事!
二日酔いにならないためにしてることは何?
1位:空腹で飲まない(27%)
2位:ウコンを飲む(21%)
3位:ノンアルコール飲料で雰囲気を楽しむ(19%)
4位:就寝前に必ず水を飲む(13%)
5位:ちゃんぽんをしない(10%)
5位:その他(10%)

春はお酒を飲む機会も増えますね。二日酔い対策もしっかりと!

春はお酒を飲む機会も増えますね。二日酔い対策もしっかりと!


 

すきっ腹にアルコールはNG!

二日酔い対策として、最も多かった回答は「空腹で飲まない」(27%)でした。空腹の状態でいきなりお酒を飲むとアルコールが回りやすく次の日にも残りやすい、という経験をしている人が多数。
実際、血中アルコール濃度が一気に上がることで酔いやすく、また食事をしないと血糖値が下がるため二日酔いになりやすくなります。
これまでの苦い経験から、飲む前には必ず軽く食事をする、あるいは料理を楽しみながら飲む、といった工夫をする人も。少しずつゆっくり飲む、というのも大切なようですね。

・空腹でお酒を飲むとすぐに酔うし、翌日、確実に二日酔いになるので、できるだけ、空腹でお酒を飲まないようにしている。(30代/女性/パートアルバイト)
・空腹でたくさん飲んで失敗したことがあるので、ある程度食べてから飲むようにしています。(30代/女性/専業主婦)
・最初はお腹もすいているので、まずは料理を楽しみたいから。ある程度、お腹が満たされたら、チューハイ系をごくごく飲むのではなく、ワインを一杯だけ、時間をかけて飲むようにする。(30代/女性/学生)
・必ず胃に何か入れてから飲みます。後は飲み過ぎないようにペース配分ですね。(20代/女性/無職)

1 2