ライフスタイル 愛らしい“だるま”に笑顔がこぼれる「ホテル雅叙園東京」のバレンタインチョコレート

世界中からチョコレートが集まるバレンタインの季節になりました。この時期にしか手に入らないチョコレートを待ちわびている人も多いですよね。世界のチョコも気になりますが、和の素材を使った、見た目も和テイストの「ホテル雅叙園東京」のバレンタインコレクションも見逃せません。今年のバレンタインは4種類の新作と共に、和のエッセンスたっぷりのチョコレートがラインナップされています。なかでもユニークな「DARUMA」を一足早くいただきました。

チョコレートと和素材のコラボ

チョコレートと和素材の意外な出会いが堪能できる「ホテル雅叙園東京」のバレンタインコレクション2022。

日本美のミュージアムホテルである「ホテル雅叙園東京」では、2022年1月25日から、新作4種を含む、和のエッセンスがぎゅっとつまったバレンタインコレクションが発売されます。テーマは、「豊潤で奥深いチョコレート×和素材の出会いを愉しむ」です。

まるで和菓子のように見えるボンボンや、だるまの形のDARUMAのほか、末広がりで縁起が良い扇、末永く穏やかな暮らしが続くようにという願いが込められた青海波など、日本らしい縁起物がかたどられたチョコレートのアソートがラインナップされています。

チョコレートでできた組子細工の箱に収められた「雅・クラシックショコラ」は、麻の葉文様の薄いチョコレート飾りがあしらわれ、なんだか文箱のような趣があります。定番の「天井画マカロン」には、ホテル内に描かれた美人画や花鳥画のモチーフで、日本の伝統美が感じられるスイーツになっています。

側面の組子細工も美しい「雅・クラシックショコラ」中にはガトーショコラが入っています。 3100円(税込み)

今回の「バレンタインコレクション2022」には、和素材×チョコレートが織りなす大人の味わいで、大切な人との絆を深め、心温まる幸せな時間を過ごしてもらいたいとの思いが込められています。バレンタインに向けて発売されるコレクションですが、節分から立春と季節が変わる時期。雅な気分でチョコレートが楽しめますね。

1 2