ライフスタイル 手軽で効果的だった加湿方法5つ!すぐできる乾燥対策をやってみて♪

冬は寒さだけではなく、乾燥が辛い季節でもありますよね。特にエアコンの暖房機能を使っていると、お部屋の乾燥を顕著に感じます…。肌はカサカサになるし、服を着替えると髪の毛が静電気でバリバリっと逆立ったりします。それに、喉や鼻の粘膜も乾燥してしまい、朝起きると喉に痛みを感じることも…。喉や鼻などの粘膜が乾燥してしまうと、そこからウイルスが侵入しやすくなってしまい、感染症にかかる可能性も高まってしまうので良くないですよね。

健康と美容のためにも、冬場の加湿は欠かせません。筆者は加湿器を使っているのですが、それだけでは十分な加湿ができず、狭い部屋に加湿器を何個も置くのは嫌なので、他の色々な方法で加湿を試みています。今回は手軽で効果的だった部屋の乾燥対策をご紹介します!

濡らしたタオルを干す

ひとつ目の乾燥対策は、“濡らしたタオルを干す”ということ。これはかなり即効性を感じました!最近、朝起きると喉が乾燥しているのが気になったので、寝る前にベッドの横に濡らしたタオルを干しておいたのです…。すると翌朝、喉に大きな違いを感じました!朝にはタオルがカラッカラに乾いているので、よっぽど部屋が乾燥しているのですね…。濡れタオルは即効性があり、手軽でオススメです!

最近は加湿器の稼働の他に、2枚くらい干してます

部屋干しする

濡れタオルと同じ原理ですが、洗濯物の部屋干しもオススメです。部屋のあちこちに干すと、即座に湿度が上がるのを体感できます。即効性アリです。それに、エアコンを付けていると、あっという間に洗濯物がカラッカラに乾きます。(筆者の部屋の場合ですが…)一石二鳥の加湿法です!

“干し方”や“干す量”によっては洗濯物が乾きにくくなってしまうので注意しましょう。洗濯物同士の間隔をあける、エアコンの風が当たりやすい場所に干す、などが乾きやすい部屋干しのポイントです。

筆者の部屋では翌日には完璧に乾いています(写真はイメージです)

料理の湯気を利用

お湯を沸かしたり鍋を作ったりする時に出る水蒸気も、部屋の湿度を上げるのに一役買ってくれます。筆者はキッチンと部屋は一応ドアで区切られているのですが、お湯を沸かす時はドアを開けておくようにしています。沸かす量にもよりますが、ある程度の効果はあります。

あらゆる水蒸気を加湿に利用したい…(写真はイメージです)

植物を置く

植物には根から吸収した水分を、水蒸気として放出する「蒸散」という働きがある…と昔、理科の授業で習った記憶がうっすらと…。葉っぱが大きな植物ほど、加湿の効果があるそうです。そしてなにより、植物は置いておくと心も潤うので、一石二鳥の乾燥対策です!

筆者の植物は、葉っぱは小さめだけど…。心は確実に潤います!

霧吹きやルームスプレー

あまり使っていなかった貰い物のルームスプレーを、ここぞとばかりに加湿のためにプシュプシュっとしています。ソファやカーテンなどにプシュプシュしまくると、加湿だけでなくお部屋が良い香りになります。

しばらく放置していたルームスプレーが活躍中!(写真はイメージです)

冬は夏と比べて、水分補給もおろそかになりがちですよね。体の内側の水分にも気を使いつつ、外側の乾燥対策も意識して過ごしましょう!

文/まなたろう