ライフスタイル どれも一緒?いや、違った!「キリン 氷結無糖 レモン」の“飲みごたえアリ”な新商品

2020年10月の発売以来、大ヒットを記録している「キリン 氷結無糖 レモン」。氷結らしいレモン感と糖類・甘味料不使用で甘くないスッキリとした飲み心地が好評です。おうちごはんのおともにぴったりですよね。

「氷結無糖 レモン」シリーズはAlc.4%とAlc.7%の商品展開でしたが、2022年2月1日(火)より「キリン 氷結無糖 レモン Alc.9%」が発売となりました!飲みごたえのある味わいで、ビール好きさんにもおすすめ。Alc.4%、Alc.7%、Alc.9%それぞれに合わせたおすすめのおつまみもご紹介します!

年間1,020万ケース!「氷結無糖 レモン」シリーズが人気の理由

「氷結無糖 レモン」シリーズ。

2021年の年間販売数量が1,020万ケースを達成し、キリンが展開するRTD(※)商品の中でもみんなに愛されるブランドのひとつとなった「氷結無糖 レモン」シリーズ。2020年10月の発売から累計で2億本を達成し、これは過去10年販売してきたキリンRTD268商品中、最速の記録。名実ともに大ヒットの缶チューハイです。

※RTDとはReady To Drinkの略で、缶やペットボトルなどそのまますぐ飲める飲料の総称

キリンビール マーケティング本部の鈴木郁真さん、キリンビール マスターブリュワーの田山智広さん。

2022年1月24日(月)に開催された「キリン 氷結無糖 レモン」2022年戦略発表&新商品発表会では、キリンビール マーケティング本部の鈴木郁真さんが成功の要因を発表しました。背景として、近年RTD市場はかなり勢いがあり、年々右肩上がりで成長中。そしてコロナ禍の息詰まるような毎日で「気分転換したい」というニーズに、スッキリ爽やかなレモン系チューハイはマッチ。そんなコロナ禍で発売した「氷結無糖 レモン」は「甘くない澄みきった果実感のある爽快なおいしさ」が好評を博し、大人気となったのです。

キリンは今後RTDカテゴリーにおいて「氷結無糖 レモン」シリーズを注力ブランドと定め、さらなる魅力の拡大を目指します。そこで発売となったのが「キリン 氷結無糖 レモン Alc.9%」!キリンはアルコール度数別に飲用ニーズが変わることに着目。キリンビール調べで「Alc.4%飲用者」が求めるのは「果汁感」、「Alc.7%飲用者」が求めるのは「キレ・ドライな味」、「Alc.9%飲用者」が求めるのは「酒感・酔い」。お酒らしい飲みごたえによる満足感を期待する飲用者に向けて今回の新商品が販売され、さらなるファンの拡大を狙っています。

ペアリングを楽しむ!Alc.4%、Alc.7%、Alc.9%に合うおつまみ

雑味がないため、食中酒としてぴったりな「氷結無糖 レモン」シリーズ。キリンビール マスターブリュワーの田山智広さんが、それぞれに合うおつまみとともに味を解説してくれました。

キリン 氷結無糖 レモン Alc.4% オープン価格(実勢価格税込約155円、編集部調べ)、明治屋 おいしい缶詰 国産炙り帆立(醤油味)735円(税込)

まず「キリン 氷結無糖 レモン Alc.4%」は「レモン感」を最も感じられるプレーンな味わい。氷結共通で搾ったレモン果汁を氷点以下で凍結し、みずみずしい果実感が感じられますが、そのレモン感が強く香り立つのが「Alc.4%」の特徴です。

田山さんのおすすめおつまみは「明治屋 おいしい缶詰 国産炙り帆立(醤油味)」!濃いめの醤油味&香ばしく炙ったヒモ付き帆立は相性ぴったりで、あたかもレモンを絞ったかのような感覚でペアリングを楽しめます。まずはお酒を飲み、おつまみを食べ、その上でペアリングによるおいしさを堪能するのが田山さん一押しの味わい方です。

キリン 氷結無糖 レモン Alc.7% オープン価格(実勢価格税込約155円、編集部調べ)、明治屋 おいしい缶詰 燻製とろ鮭ハラス 681円(税込)

「キリン 氷結無糖 レモン Alc.7%」は、ほどよいレモンの酸味・苦味を感じられるけれど、クセのないクリアな味わいが特徴。バランスが良く、繊細なお刺身からガッツリとした唐揚げまで、あらゆる食事に合う万能な味です。

田山さんのおすすめおつまみは「明治屋 おいしい缶詰 燻製とろ鮭ハラス」!脂がのったノルウェー産鮭のハラスを国産のブレンドチップで燻製にしたおつまみです。「キリン 氷結無糖 レモン Alc.7%」はクリアな味わいなので燻製香がきれいに感じられ、ハラスの旨味をより引き立てます。

キリン 氷結無糖 レモン Alc.9% オープン価格(実勢価税込約155円、編集部調べ)、明治屋 おいしい缶詰 豚肉の黒酢角煮(うずら卵入り)513円(税込)

新商品「キリン 氷結無糖 レモン Alc.9%」は、キリっとしたレモン感に酒感と大人な苦味がプラスされ、複雑な味わいが楽しめます。一般的な「Alc.9%のチューハイ」はお酒感と甘さで飲んだ後に身体が重くなるという声も配慮し、飲みやすさとお酒の飲みごたえを両立。強炭酸&気持ち良いほどの爽快なキレがあり、味の濃いお肉にベストマッチです。

田山さんのおすすめおつまみは「明治屋 おいしい缶詰 豚肉の黒酢角煮(うずら卵入り)」!苦味のある「キリン 氷結無糖 レモン Alc.9%」と甘めの醤油だれがおいしい豚肉の黒酢角煮は見事に調和し、単体で食べるよりも一緒に食べたほうがより一層おいしさを堪能できます。

☆☆☆

鬱憤が溜まる毎日のリフレッシュを応援してくれる「キリン 氷結無糖 レモン」シリーズ。アルコール度数が違うだけで味がかなり変わってくるので、味比べをして好きな商品を見つけるのがおすすめです。パッケージが似ており、買い間違いにはご注意。「度数」をチェックしてくださいね!

・キリン 氷結無糖 レモン
https://www.kirin.co.jp/alcohol/rtd/hyoketsu/muto/

取材・文/小浜みゆ