ライフスタイル “牛角史上最強”コスパ!「肉の日祭り」でおいしいお肉を思う存分食べちゃおう

2月9日は年に一度の「肉の日」です。例年、肉の日にはお得な商品や楽しい企画を実施してきた牛角。今年も「焼き肉を通して多くの方に笑顔になって貰いたい」という想いから、“牛角史上最強”コスパの「肉の日祭り」を1月29日(土)から開催しています!

牛角「肉の日祭り」
牛角「肉の日祭り」

おいしいお肉をリーズナブルに!

近頃は、「ミートショック」と呼ばれる輸入牛の高騰が起こり、それによってお肉の市場価格の高騰が続いています。そんな中、創業時から「おいしいお肉をリーズナブルに」という想いを大切にしてきた牛角では、年に一度の肉の日に向けて、牛角史上最強コスパメニューの販売を決定しました。

牛角では、お肉の鮮度と風味を保つため、店舗で丁寧にミリ単位にこだわって手切りをしたり、しっとり柔らかな焼き上がりにするために、提供する直前にタレを揉み込むなど、手間を惜しまず、美味しいお肉を提供する工夫をしているとのこと。加えて、長年培ってきたノウハウを酷使し、独自の調達ルートで仕入を行うことで、高品質かつリーズナブルな商品の提供を可能にしているのだそう。

【第1弾】コスパの限界に挑戦!黒毛和牛上ロース

「肉の日祭り」の第一弾は、原価率60%の黒毛和牛上ロース!1月29日(土)~2月6日(日)に開催されます。肉本来の濃厚な味が楽しめる黒毛和牛上ロース60gが869円(税込)で楽しめます。通常なら、もっと高くてもおかしくないくらいの質のお肉で、限界価格に挑戦しているとのこと。サーロインの隣にあり、もも肉の中で最も味が良いと言われている部位“ランプ”を使用しています。

「黒毛和牛上ロース」869円(税込)
いただきます!


いただきます!赤身らしい柔らかさがあり、和牛の旨みが口の中に広がります。あっさりしていて何枚でも食べられそうです。カルビと比べると脂が少なく、薄切りでレモンともよく合います。

第1弾は、全国の牛角(牛角食べ放題専門店、牛角焼肉食堂を除く)にて販売。なくなり次第販売終了となります。

【第2弾】アプリ会員限定!肉の盛り合わせ2種

第2弾は、原価率70%超えの、高コスパの肉の盛り合わせメニュー。アプリ会員限定の2月7日(月)~2月10日(木)の、平日4日間限定で開催されます。

1.コスパがすごい!!「牛角肉の日盛り」 638円(税込)

注文率が1番高い、人気No.1の牛タン塩、長年愛されている看板メニューである牛角上カルビ、30日間熟成したやわらかな上ハラミの3種の盛り合わせで、1皿約120gの商品。

「牛角肉の日盛り」 638円(税込)
いただきます!写真は牛角上カルビ
いただきます!写真は牛角上カルビ


人気の上タン塩は、タンの中でも質の高いタン元を使っているとのこと。薄切りで食べやすく、噛むと牛の旨みが口の中に広がります。レモンとの相性バツグンです。牛角上カルビには、輸入牛の中でも高品質と言われるボンレスショートリブを使っているのだそう。すごく柔らかくてジューシー、口の中ですぐになくなります。焼き肉はやっぱりこれよね!という感じです。赤身らしい柔らかさの上ハラミは、個人的に好きな部位です。肉を食べてる感じの程よい噛み応えが良いです。というか、1皿の量の多さにびっくり。これで638円はすごく安いのでは…!?

2.豪華3種の「牛角特上肉の日盛り」 968円(税込)

第2弾のふたつ目は、分厚い特撰上タン塩、黒毛和牛カルビ、黒毛和牛かぶりという豪華な盛り合わせです。1皿約105g。

「牛角特上肉の日盛り」 968円(税込)


特撰上タン塩は、分厚いけれど柔らかいです。食べ応えがあります。和牛カルビ、和牛かぶりはすごく濃厚な肉の味わいがあり、脂が甘く感じます。カルビはとても柔らかく、かぶりはカルビより少し歯ごたえがあり肉っぽい感じです。

ちょっと焦げ目がつくくらい焼くと、さらに美味しく味わえます。

第2弾も、全国の牛角(牛角食べ放題専門店、牛角焼肉食堂除く)にて販売します。どちらもアプリ会員限定商品で、割引後の飲食代金が税込み3,300円以上の場合に利用可能。ランチ帯、テイクアウト、デリバリーは利用不可になります。
※各自治体の要請に基づき、営業時間短縮・休業等を採用し、予告なく変更となる場合があります。

重そう…!


コスパの高さに驚ろかされた牛角の「肉の日祭り」。第1弾が1月29日からスタートしたばかり。
良いお肉で精力をつけて、寒い冬を乗り切りましょう!

牛角「肉の日祭り」HPhttps://www.gyukaku.ne.jp/202202_nikunohi_ow_hp_sns/

取材・文/まなたろう