ライフスタイル 「若返りのビタミン」とも呼ばれるアーモンドの魅力を再発見!簡単アーモンドレシピもご紹介

「若返りのビタミン」と呼ばれるほど高い抗酸化作用があるアーモンド。美肌や美髪をサポートする注目の栄養素ビタミンEがたっぷり含まれているからですが、さらに食物繊維や植物性たんぱく質などの栄養素も豊富でとってもヘルシーな食べ物なんです。アーモンドの魅力と、おいしい食べ方を、カリフォルニア・アーモンドアンバサダーの福田萌子さんも登場したオンラインイベントで教えていただきました。

1月23日がアーモンドの日になった理由

アーモンドは1日23粒食べるのがおすすめ。

アーモンドの本場であるアメリカ合衆国では、健康のために1日23粒のアーモンドの摂取が推奨されています。手のひら一杯分のアーモンド(約23粒、30g)には、ビタミンEが7.7mg含まれていて、これは日本人の1日に必要なビタミンE摂取目安量である6mg(厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015版」より成人女性の目安)が充分にまかなえるとのこと。1日23粒が目安ということで、1月23日は、アーモンドの日と2008年にカリフォルニア・アーモンド協会が制定し、2018年に日本記念日協会により認定・登録されています。

アーモンドに豊富に含まれているビタミンEは、高い抗酸化作用により、細胞や組織にダメージを与え老化の一因となる活性酸素から全身の細胞を守ってくれます。なかでもカリフォルニア・アーモンドは、品種や栽培技術の改良のもと、高品質なアーモンドが生産されています。カリフォルニア・アーモンド アンバサダーを務めるモデルの福田萌子さんは、普段から運動することが多く、健康的ではありますが、運動すると活性酸素が増えるとこが気になっていたそう。

アーモンドの魅力について語るカリフォルニア・アーモンド アンバサダーの福田萌子さん。

「アーモンドには、抗酸化作用があるので、運動には欠かせないですよね」と、福田さん。

アーモンドをそのまま食べるだけでなく、お料理の調味料としても活用されているそうです。

「内側の体調を整えることが大切です。肌もキレイになって幸せになれますよ」(福田さん)

販売されているアーモンドの9割は、なんとカリフォルニア産。美容にも健康面でも摂取したいアーモンドのおいしい活用方法を「Tokyo Juice」オーナーのジェフリー室松さんが教えてくれました。

1 2