ライフスタイル 背が低い&高いなどのコンプレックスを解消!なりたい自分を叶えるブランド4つ

今は、いろんな個性が受け入れられる時代。これまで「コンプレックス」だと思っていたことも、ネガティブなものではなく、個性として認められ、また全面に出す人も増えてきたように思います。

そうした中、自分の個性と楽しく付き合っていける、ファッションブランドも増えてきています。今回は3つのアパレルブランドと1つのカラーコンタクトレンズのブランドをご紹介します。

なりたい自分になれるブランド4選

1.「COHINA(コヒナ)」

小柄女性が理想のファッションを楽しめる

COHINA(コヒナ)は、小柄女性ためのファッションブランド。身長150cm前後の女性が、思う存分、理想のファッションを楽しめるアイテムを幅広く取り揃えています。

創業者でディレクターの田中絢子さんは、自身が身長148cmで小柄ということもあり、これまで着られる服がほとんどなかった経験から、小柄女性に本当に合う服を作るために事業を立ち上げました。

ただサイズが小さいだけでなく、トレンドのデザインがお直しなく、また身体にフィットする形で着られるよう工夫されており、小柄女性が本当に着たい服がそろっています。

●なりたい自分になれるポイント

COHINAの服によって、なりたい自分になれるポイントを、代表の田中さんにうかがいました。

「これまで、平均よりも身長が低いというだけで『カワイイ』か『ピッタリ』のどちらかをあきらめなくてはいけないことが多かったと思います。COHINAは、小柄さんが気になる丈感や袖丈はもちろん、ボタンの間隔やティアードを入れる位置など細かいディテールひとつひとつを0から設計し、小柄さんのためのお洋服を作っているため、“まるでオーダーメイド”の服のようなスタイルアップを叶えます。小柄女性を綺麗に魅せる服を通して、自分らしくいられる時間をお届けします」

COHINA
https://cohina.net/

2.「MIHARU(ミハル)」

高身長女性の魅力が引き出されるブランド

MIHARUは、高身長女性のためのファッションブランド。身長165cm~185cmまでの女性向けに作られています。

すでにある姉ブランド「ATEYAKA(アテヤカ)」で収集した顧客数百人のデータをもとにサイズ設計を行い、トレンド感のあるアイテムや、高身長女性が特に今まで試しづらかったアイテム群を展開。

例えば、高身長女性は自分に合うサイズを見つけるのがむずかしいとされる「サロペット」や、市販のマキシ丈スカートは短すぎるというニーズを受けた「マーメイドレーススカート」などがあります。

●なりたい自分になれるポイント

MIHARUの服によって、なりたい自分になれるポイントを、代表の大倉加奈子さんにうかがいました。

「高身長はあなたの長所です。サイズの合ったMIHARUのお洋服をまとうだけで、オシャレとスタイルアップが叶います。すらっと伸びた手足をキレイに見せるだけで、見え方が全然違います。そして何より、着ていて違和感がないので心地良く、気分が違います。MIHARUを身にまとい、背筋を伸ばして、笑顔で街を闊歩(かっぽ)してみませんか?」

MIHARU
https://miharutall.myshopify.com/

3.「overE(オーバーイー)」

大きな胸の女性がかっこよくおしゃれに着こなせる

overEは、胸が大きな女性のためのアパレルブランド。

代表の和田真由子さんは、学生時代から、自身の胸が大きいことによる、合う服が見つからない悩みを抱えていました。胸が大きいというだけで太って見えたり、外出中にシャツのボタンが外れてしまったりと、恥ずかしい経験も。

そこで立ち上げたのが、このブランド。胸が大きくてもフィットする作りのシャツや、胸元がパカっと開かないスーツジャケットなど、胸が大きい女性がおしゃれに着こなせるアイテムが展開されています。
2021年7月にはノンワイヤーブラを発売して話題になり、2022年2月3日には新色が発売されました。

●なりたい自分になれるポイント

overEの服によって、なりたい自分になれるポイントを、代表の和田真由子さんにうかがいました。

「胸が大きい女性は、パンツは9号なのにジャケットは13号を着て、太って見えて悲しかったというような経験を持つ方が多く、私自身も経験があります。かつては『自分が太っているからだ』『自分にセンスがないから着こなせないんだ』と自分のせいにしていたのですが、下着メーカーの発表で4人に1人がEカップ以上だという事実を知り、『本当は服がなかっただけなんだ』と気づいたことで、自分自身の体型を愛せるようになりました。

overEのお客様からは『ファッションを楽しんでみようと思えるようになった』『overEのトップスに合わせて初めてスカートを履いた』などのお声もいただいています。ノンワイヤーブラは、1235名のアンケートを集めて作りました。『これまでノンワイヤーだとサイズがなかった』『こんな機能的なものには初めて出会った』という声も多く、ありがたいことに、とても人気アイテムとなりました」

overE
https://overe-shop.com/

4.「I am me」

洋服を着替えるようにレンズも付け替えられる!

「I am me」は、2022年1月18日にスタートしたばかりの、新しいコスメティクスレンズブランド。従来のカラーコンタクトレンズとは異なる位置付けで、まるで衣服を身につけるように、おしゃれを楽しむためのアイテムとして展開しています。

一番の特徴は、自分がなりたい瞳になれるということ。デザイン・カラー・サイズを組み合わせて自分らしい瞳を表現できます。

ベーシックなMARU-MARUレンズ

日本では「大きな瞳が理想的である」という固定観念が定着していることから、カラーコンタクトレンズ市場においても瞳を大きく見せることにこだわったプロダクトが主流だったのを背景に、もっと自分らしい瞳を肯定しながらコスメのようにコンタクトが選べるようにと、画一的な理想にとらわれることなくデザイン・カラー・サイズの組み合わせ66通りから自分らしい選択ができます。

専用アプリでは、 パーソナル診断とバーチャルフィッティングによって自分に似合うアイテムを見つけられます。

●なりたい自分になれるポイント

I am meのレンズによって、なりたい自分になれるポイントを、商品開発担当の萩原さんにうかがいました。

「I am meのレンズは1つのデザインに対して最大5種類のカラーと3種類(*)の着色直径を組み合わせて、自分の好みでカスタマイズできることが最大の特徴です。瞳を自然に大きくすることもできますし、大きくせずに目の色だけを変えることも自在です。
診断コンテンツや、アプリのバーチャルフィッティングなど、なりたい自分を見つけるためのお手伝いもしますので、ぜひコスメやヘアカラーを選ぶようにI am meをお楽しみください」

*シリーズによって選べるカラーとサイズが異なります。

I am me
https://iamme.jp/


☆☆☆

これからは、ますます、なりたい自分になることを堂々と目指せる時代になっていくはず。これらのブランドのアイテムを活用しながら、自分らしい魅力を見つけましょう!

取材・文/一ノ瀬聡子