ライフスタイル 「結婚・子供・キャリア」なし!アラサー女性が社会人大学院に200万円払って学んだこと【前編】

コロナ禍でリモートになり、「大学に入りなおした」という30~40代の女性が増えています。多くの大学のサイトを見ると、「入学してよかった」「社会的地位が上がった」「世界の味方が変わった」「一生の仲間ができた」などの体験談が掲載されています。

それを読み「私もそうなれるんじゃないか、と思って、入学したのですが、1年目にして後悔しています」と語るのは、咲綾さん(33歳)。都内のIT関連会社に勤務しながら通学しています。

32歳、結婚・子供・キャリアの「3ナイ」に不安が増大

咲綾さんが約1年半前に「学びなおそう」と決めたのは、コロナ禍での不安から。

「それまでほとんどSNSを見ていなかったのですが、時間ができたのと、リモートが続いて自分の人生が不安になり、“みんなはどうしているんだろう”と、友人や同級生のSNSを見るようになったんです。そういうときって、イケてる人が発信する情報をつい見ますよね。

そこで衝撃を受けたのは、31歳くらいに大体人生が決まっているのだということ。“勝ち組・負け組”がそのあたりでキレイに別れているんです。“結婚・子供・仕事&やりがい”すべてを手に入れた人は輝いてみえました。我が身を振り返ると、いずれも持ち合わせない“3ナイ”状態。私は自分のことを密かにイケてると思っていたのですが(笑)、気が付いたらイケていませんでした」

多様性の時代、“結婚・子供・仕事&やりがい”にとらわれずに生きようという考えが主流になっていると思いきや、実際はそうでもないと言う。

「実際は…というよりは“本音”です。建前上は”多様化が大切”とは言っているけれど、難関大学はレベルを上げ、大手の採用試験は数百倍。みんな結婚したいから婚活しているし、子供が欲しいから妊活しています。”自由な人生でいいんですよ、多様化ですよ”って言っても、大手に勤務して都内にマンション買って、子供を名門私立小学校に入れている人は、マジで輝いてみえます。

そして、そういう人に限って、バリバリ仕事をしているんですよね。私は大学時代トップクラスの成績だったのに、仕事はいまそんなにできていないし、結婚どころか彼氏もいません。子供だってまだ全然わからない…。そんな不安が増大して、お酒に溺れそうになったり、過度に筋トレして体調が悪くなったりを繰り返したあげく、思い立って“大学に再入学しよう”と決めたのです」

咲綾さんのキャリアは華々しい。都内の名門中高一貫女子校から、有名私立大学に進学し、環境や情報について学ぶ。商社勤務の偉大な父に相談しつつ、倍率400倍ともいえる第一希望のIT関連会社に就職。これも父のアドバイスに従い、会社の手厚い支援制度を使いながら、情報技能検定やウェブ解析しなどデジタルマーケティングに必要な資格を取得。

「今思うと、勉強で人生の不安を消していたんだと思います。勉強することは好きではないけれど、苦ではなかったのと、目に見えて結果が出るのが気持ちよかったので」

将来を考えて資格を取得するが、出世はしない

1 2