ライフスタイル 紆余曲折あった!安物扱いだったほうじ茶が、ブランド茶「加賀棒茶」として知られるようになるまで

近年ペットボトルでもよく見かけるようになったほうじ茶。芳ばしい香りと、カフェイン少なめのやさしい味わいで、リラックスしたいときにぴったりのお茶です。

茶の茎や葉を焙煎したほうじ茶は地域によってさまざまな種類がありますが、昭和天皇に献上されたほうじ茶としてその名が知られる石川県の「加賀棒茶」は、香り豊かで上品な味わいが特徴です。

「加賀棒茶」を製造・販売している、1863年(文久3年)創業の「丸八製茶場」(石川県加賀市)を訪ね、六代目の丸谷誠慶さんに加賀棒茶の歴史や魅力、味わいの特徴などを伺いました。

白山連峰を望む自然豊かな地にある丸八製茶場。本社、工場のほか、喫茶・ギャラリー・物販のある直営店「実生」、茶室「双嶽軒」を併設しています。

「良い食品を作る会」との出合いと昭和天皇への献上が転機に

加賀・金沢では普段使いの番茶といえば、茎を焙じた「棒茶」を指すほど日常的なお茶です。丸八製茶場の「加賀棒茶」は、新茶である一番茶の茎を、旨みを損なわないように浅く焙じており、芳ばしい香りとすっきりとした飲みやすさが特徴です。

“品質よりも安さ”だったほうじ茶を、安全で質の高いお茶に転換させ、全国に知られるブランド茶に変えたのが「加賀棒茶」です。

京都や静岡などの先取的なお茶の産地では、茎の部分も「雁ヶ音(かりがね)」のような茎茶として商品化されていますが、石川県では金沢にある茶舗が明治中期に、茎を焙煎して「棒茶」として最初に商品化しました。

「お茶の葉を摘む時、葉に傷をつけないために新芽のときに葉がついた状態で茎を折りますが、緑茶に使うのは葉の部分だけで、残った茎は余りものになってしまいます。余った茎を焙煎して芳ばしいお茶にしたのが棒茶です。

原料が余りものなので非常に安く作ることができ、家庭で飲むお茶としてちょうどよいと石川県内で棒茶は浸透しました。他の茶舗も後追いして棒茶を作り、うちもそのひとつでした。茶舗がそれぞれ名前を付けて売り出しましたが、うちは大正時代から始めて、そのときに『加賀棒茶』と名付けました」(丸谷社長)

お話をしてくださった丸八製茶場 代表取締役・丸谷誠慶さん。

丸谷社長の祖父(四代目 丸谷誠長さん)が社長だった当時、茶業界の中でも棒茶は品質よりもその安さゆえに売れていて、メインの加賀棒茶は200gで198円という低価格。当時はアジア圏のお茶の茎を大量に輸入して、いかに安く作るかというのが常識だったそうです。

「昭和50年代に入り、高度成長期も安定期となり作れば売れる時代から、より良いものが求められる時代になりました。祖父の代までやっていた商品が売れなくなり今までの商売のやり方では思うように成果が上がらない状況に苦しむ中、1982年(昭和57年)の『良い食品を作る会』との出合いが、大きな転機となりました。

食品本来のおいしさと安全性、食品を家庭に供給する者としての良心を大切にし、企業の利益を優先するかのような食品生産に対して誠実な批判をする『良い食品を作る会』の理念に、父である五代目の丸谷誠一郎は感銘を受けます。

そんな折、大きな転換点となったのが、1983年(昭和58年)に全国植樹祭で昭和天皇が加賀に宿泊されたことでした。宿泊先の『ホテル百万石』(当時)と取引があったことから、旅館から陛下にお届けするお茶を用意して欲しいという依頼を受けました。

当初は玉露をお持ちしようと思いましたが、ご高齢の陛下は刺激のあるお茶は飲めないが、ほうじ茶はお好きだと伺い、地元で作っている茎のほうじ茶である加賀棒茶をお届けすることになりました。

しかし当時の加賀棒茶はいわゆる“安物”であったため、社長だった祖父が機転を利かせて、今まで作ったことのない高品質の加賀棒茶を作ることになりました。最高の原料を求めてたどり着いた鹿児島の一番摘み茶の茎を使い、焙煎の方法もこのために考案しました。この棒茶は商品ではなかったのですが、後日旅館から、残ったお茶を陛下がお気に召して持ち帰られたと聞き、翌年から献上加賀棒茶として商品化することになりました」(丸谷社長)

左と中央の「献上加賀棒茶」のパッケージデザインと文字は四代目によるもの。

「良い食品を作る会」の出合いと昭和天皇への献上が転機となり、五代目の丸谷誠一郎さんの時代から安いものではなく品質の良いものを作り、適正な価格で販売するという方向にシフトした丸八製茶場は、抹茶や玉露に並ぶ良質な棒茶を作ることになりました。

1984年(昭和59年)に付加価値のある「加賀棒茶」の販売を始めましたが、地元の人たちからは受け入れられずまったく売れなかったそうです。理由は価格。以前は200gで198円だった棒茶が、高品質になったことで10倍の100g・1000円で販売されたからでした。

「地元では難しいということで、首都圏で売り出すことにして試飲の機会を重ねました。それでも根付くまで時間がかかり、昭和59年の販売から平成に入るまではまったく売れませんでした。ベテラン社員が次々と離れていき、人員も減ってかなり苦労したと聞いています

1988年(昭和63年)に雑誌『クロワッサン』に小さな記事が掲載されたことがきっかけとなり、1か月で全国から400件の注文がありました。この時に注文された方が現在の直販のお客様のベースとなり、30年以上かけて3万人にまで広がっていきました。

付加価値を高めて自社で製造販売を行う加賀棒茶のブランド化を、時間をかけて進めてきましたが、全国に知られるようになったのは北陸新幹線が金沢まで開業したこと(2015年)が大きいですね」(丸谷社長)

1 2