ライフスタイル お米だけどお米じゃない!? 糖質オフ、低カロリーの新主食「ごはんのみらい」食べてみた

肥満防止やダイエットのため、この数年ブームの「糖質制限」。一方で、偏った食生活や自己流のダイエットで、身体に必要な栄養素まで不足してしまう「新型栄養失調」も問題になっています。

そこでニチレイが健康的な食生活をめざして開発したのが、新しい主食「ごはんのみらい」です。

独自の技術で米を加工し、糖質オフ・低カロリー・高食物繊維を実現したというこの商品、いったいどんな風に食べて、どんな味がするのでしょうか? さっそく試してみました。

お湯と一緒に入れておくだけで完成

1食分ずつ個別包装されている「ごはんのみらい」。スターターキット(内容は後述)についてくる専用保温容器を使用します。

保温ジャーのような形状

容器の蓋をあけ、1袋分を中に入れます。「ごはんのみらい」は、ちょうど米粒くらいのサイズで、見ためはカラカラに乾燥したお米といったビジュアルです。

1袋で約140gの「ごはんのみらい」ができる
透明感のない白米といった感じ

90mLの熱湯を注ぎ、蓋をしてお好みで15~25分待ちます。筆者は白米も固めが好きなので15分で取り出しました。

お茶碗によそってみると、見た感じは本当にお米のよう。

この「ごはんのみらい」は、お米を材料にして加工したものですが、調理後の1袋140gと、精白米めし140gに含まれる栄養素を比較した場合、糖質は50%オフ、そして食物繊維は10倍というデータが出ています。

どんなものか…と食べてみると、ふっくらした感じはけっこうお米に近い!もっちりしたねばりやそのものの味は薄いので、塩むすびなどには向かなさそうです。

筆者は玉子かけご飯も試してみましたが、かなりアリ! おかずと一緒に食べたり、ごはんのお供と一緒に食べたりする場合には、かなり白米に近い満足感が得られるのではないでしょうか。

サイトには「ごはんのみらい」を使った、いろいろなレシピが掲載されているので、いろいろ挑戦してみるのも楽しそう。

糖質が気になる場合の主食として、オートミールに水を入れて電子レンジなどで「米化」させるのも流行っていますよね。

白米っぽさとしては

白米そのもの > ごはんのみらい > オートミール米化

という感じでしょうか。オートミールの米化だと、ちょっと物足りなくて続かなかったという人も、一度お試してみる価値アリと思いました。

栄養素をプラスした「ごはんのみらい」も

「ごはんのみらい」はWEBサイトから購入することができ、専用保温容器と「ごはんのみらい」7食がセットになったスターターキットと、「ごはんのみらい」14食セットのリフィルが販売。

今回お試ししたのは「プレーン」でしたが、マルチビタミンに不足しがちな栄養素をそれぞれプラスした「+亜鉛」「+鉄」「+カルシウム」「+葉酸」「+ビタミンC」(栄養素+シリーズ)から選ぶことができます。

・スターターセット(「ごはんのみらい」専用保温 容器 「ごはんのみらい」7食)
「プレーン」3,780円(税込)/「栄養素+」 3,930円(税込)
・リフィル(「ごはんのみらい」14食)
「プレーン」3,780円(税込)/「栄養素+」 4,082円(税込)

WEBサイトで購入すると、栄養や食事に関する悩みや質問を公式LINEアカウントから栄養管理士に直接1対1のチャットで相談できたり、WEBサイトでは簡単な質問に答えると、必要な栄養素がわかる栄養診断のサービスも。

どの栄養素をプラスすればいいか悩んだときも、相談できるのは安心です。

気軽に無理なく糖質制限がしたい方、ごはんが大好き!という方、自分の糖質制限のやり方が合っているか心配な方は、手軽に白米感覚で糖質オフできる「ごはんのみらい」をお試ししてみてはいかがでしょうか。

「ごはんのみらい」公式サイト
https://gohannomirai.jp/

取材・文/nenko