ライフスタイル 価格は2~3万円!シャープのスマホ『AQUOS wish』はミニマル&シンプル志向の人に

女性が使いやすく、毎日がちょっと楽しく便利になるデジタルガジェットを、ライターの太田百合子さんが解説! 豊富な知識と自腹買いであれこれ試した経験からガチのオススメを紹介します。

★★★

今回取り上げるのはau、UQモバイル、Y!モバイル、楽天モバイルで発売中の、シャープの新しいスマートフォン『AQUOS wish』です。このスマートフォンの企画を担当したのは、なんと入社2年目の女性。一体どんな製品なのか、早速チェックしていきましょう。

シンプルで生活に寄り添うスマホ『AQUOS wish』。2月18日よりSIMフリーも順次発売。
カラーはオリーブグリーン、アイボリー、チャコールの3色展開。
『AQUOS wish』を企画したシャープの福永萌々香さん。

シンプル&ミニマル志向のニーズに応える

『AQUOS wish』はひと言で言うなら、とてもシンプルなスマートフォンです。いずれのキャリアでも価格は2~3万円程度と手に取りやすく、各種割り引きやキャンペーンが適用されれば、実質数千円で入手できるキャリアもあります。シンプルで安価なエントリーモデル……なのですが、それだけではない価値を感じられるのが、このスマートフォンのおもしろいところです。

シャープ 通信事業本部 海外事業統轄部 マーケティング推進部の福永萌々香さんによれば、その価値とは「引き算」。どんどん高機能になっていく最新スマートフォンの多くが「足し算」だとすれば、『AQUOS wish』はあえて削ぎ落とした「引き算」のスマートフォンというわけです。

たとえば、自分に必要な最小限のモノだけで暮らす人を指す、ミニマリストという言葉があります。自分に本当に必要なものは何かを、じっくり吟味して選び抜いた彼らの生活は得てしてとてもシンプルですが、『AQUOS wish』が目指したシンプルさはそんなミニマリストにも通じるもの。

たとえば背面に使用されている、さらっとした触り心地のつや消しの樹脂素材には、約35%の再生プラスチックが含まれています。再生プラスチックを使って思い通りの色を出すのは難しいそうですが、『AQUOS wish』では敢えてそこに挑戦し、ベーシックでジェンダーレスかつエイジレスな3色を作り出しています。環境への配慮と色や質感へのこだわり、まさに削ぎ落としつつ選び抜いたシンプルさですね。

約35%の再生プラスチックを使用。思い通りの色を出すのが一苦労だったとのこと。

必要な機能は妥協せず搭載

機能面もシンプルですが、必要なものは妥協せず取り込まれています。ディスプレイは大きすぎず片手操作しやすい約5.7インチ HD+。表面はフラットですが、フレームの側面はやや凹んだ形状になっていて、指がかりが良いように工夫されています。右サイドには音量キー、Googleアシスタントボタン、電源ボタンのほか、指紋認証センサー。micro SDカードが入るスロットや充電用のUSB-Type Cの端子に加え、ヘッドフォン端子も備わっています。

防水・防塵に加えて、米国国防総省基準(MIL規格)対応の耐衝撃性能も備える、見かけによらないタフネスモデル。メインカメラは約1300万画素で、背景をぼかせるポートレートモードや、夜間モードも用意されています。バッテリーは3730mAh。OSはAndroid 11ですが、今後のアップデートも保証されています。

約5.7インチは、片手操作で指が届くちょうどいいサイズ感です。
右側面にボタン類が集中。指紋認証センサーも搭載されています。
メインカメラは1300万画素でF値2.0。セルフィー用のフロントカメラは約800万画素。
『AQUOS wish』のカメラで撮影。色味はナチュラルな印象です。
「夜間モード」で撮影。かなり明るく撮れますが、やや白飛びも。

おサイフケータイにも対応するほか、指紋認証センサーの長押しで「PayPay」などあらかじめ設定した決済アプリを素早く起動できる「Payトリガー」など、AQUOSシリーズの独自の機能も搭載。シャープのAIアシスタント「エモパー」にも対応しています。

「Payトリガー」をはじめ、『AQUOS』シリーズ独自の便利機能にも対応。

“ちょうどいいスマホ”が増えそう

ハイスペックなスマートフォンのように、動画もゲームも超高精細でハイスピード……とはいきませんが、かといって使っていて、ストレスを感じるようなこともありません。片手操作しやすいサイズ感やシンプルなカメラ機能、水や衝撃に強いタフさもあわせて、普段使いにちょうどいいスマートフォンと言えそう。価格が安価で手軽に使えるだけでなく、環境への配慮やデザインなど、こだわりのあるスマートフォンを選びたいという人におすすめです。使いこなせないハイスペックより、使いやすいベーシックなスマホが良いという人、これから増えてきそうですね。

文/太田百合子