ライフスタイル 人気有名人と3年交際したアラサー女性が語る「お相手は一般人」の現実【前編】

交際がニュースになる人の肩書は、アイドル、俳優、お笑い芸人、スポーツ選手、話題の文化人などなど。報道において、「お相手は一般の方」などと表現されることが多いようです。では、「一般の方」とはどんな人なのか。そして、一般の方が有名人と出会い、交際するのはどのようなメリット・デメリットがあるのかを、経験者に詳しく伺いました。

元女優の母と、貿易関連の仕事をしていた父

和希さん(仮名・33歳)が、人気有名人と交際していたのは、28歳から31歳までの3年間でした。

和希さんは中堅私立大学卒業後、大手広告代理店に採用されます。今もその会社に勤務しており、半年前に同僚の男性と結婚したばかりで、現在は妊娠中です。

「私自身が母になることもあり、本当の意味で自分が落ち着いたというところもあります。だからあの時のことを人に話せるようになったのかも」

身長165㎝を超える均整の取れた細身の体型。端正な顔立ちとクリーンな雰囲気が人の心をつかむタイプの女性です。和希さんは在学中にショーモデルとして舞台に出た経験があるとのこと。なんというか、全体のオーラが輝いています。まずは育った背景を伺いました。

「うちの父は会社の経営をしているまあまあ変な人で、母は元売れない女優です。大学の演劇サークルで芝居をかじって、あきらめきれずに芸能活動していたところ、父と出会い直感で結婚したそうです。出会って3日後に婚姻届けを出したというから相当ファンキーですよね」

両親はアメリカが好きで、当初は貿易関連の仕事をしていたそう。

「結婚当時、日本には西海岸文化が大ブームで、現地の古着やスニーカーが飛ぶように売れたそうです。さらにそれだけではなく、お菓子や文房具も現地の5倍の値段で売れるような時代だったと。そんなことができたのも、父の父……祖父の威光も大きかったみたいです。祖父は当時、国に関わる仕事をしていた人だったようで、いろんな人脈があり英語も堪能だったんですよ」

経済的だけでなく、両親ともに容姿にも恵まれていたそう。都心の100平米は超えるマンションで、和希さんは育ちます。何かを「頑張る」とか「夢中になる」などした記憶はなかったそうです。

「両親が成功を手にして、それを維持するための血を吐くような努力を見ていますからね。私はそこそこ頑張ればいいやと思っていました。淡々としているからか、偉い人たちにはかわいがられたと思います。会社に入ってからも、大手企業の偉い人に気に入られて、私の手にあまりある契約をもらったこともありましたしね」

人間力が大きい人同士が、恋愛関係に

1 2