ライフスタイル 今までのと全然違う!フランス発「LA PETITE SMOKEHOUSE」のスモークサーモンのお味【実食レポ】

Suits woman読者の皆さんはサーモン、好きですか?

現在、日本で販売されているサーモンのほとんどは100%海外で養殖されています。しかしここ数年は国内でサーモンの養殖を行う動きが少しずつ出てきました。中でも2018年にはポーランドで陸上養殖を手掛ける「ピュアサーモン」の日本法人「ソウルオブジャパン」が、三重県にアジア最大となるアトランティックサーモンの養殖設備の建設を開始。大きな話題となっています。

フランス伝統の製法にこだわった高級スモークサーモン

そのソウルオブジャパンでは、フランス伝統の「ロープハング製法」をはじめとする、アトランティックサーモンの高級スモークサーモンブランド、「ÏOD(イオッド)」や「LA PETITE SMOKEHOUSE(ラ・プチ・スモークハウス)」を展開。昨年より東京都内の伊勢丹新宿店、伊勢丹浦和店、伊勢丹立川店、銀座三越、日本橋三越本店で販売しています。

(左より)「スロークック スモークサーモン バイツ」(プレーン、プロバンス、ワイルドガーリックフレーバー3種類入り)参考価格2500円、「スモークサーモン ハンドクラフト」参考価格1300円

LA PETITE SMOKEHOUSEは手作業によるていねいな下処理で、苦みの元となる血合い部分を完全に取り除くていねいな下処理と、フランス最大の漁港に古くから伝わるスモーク技術が生み出した最高品質のスモークサーモン。適切にスモークされたサーモンは余分な水分や油分が自然に落とされ、食べるたびにウッドチップの芳醇な香りが口いっぱいに広がるといいます。

ロープでつるすことで、余分な水分・油分を自然に落とす「ロープハング製法」(※)。※*ÏODの製法に利用

今回はLA PETITE SMOKEHOUSEの「スモークサーモン ハンドクラフト」と「スロークック スモークサーモン バイツ」を手に入れることができましたので、さっそく実食レポをしてみたいと思います!

1 2