ライフスタイル 夜通しeスポーツができる幸せ!NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYOにゲーミングルーム誕生

2022年1月27日(木)、東京・秋葉原にある「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」がeスポーツを体験できるゲーミングルームの販売を開始しました!ゲームの聖地である秋葉原で、高スペックなゲーム環境の中eスポーツが楽しめるという特別な客室です。さらにおしゃれな空間や絶品の本格ナポリピッツァが滞在を彩り、もはや住みたくなるほどの居心地の良さ。噂のゲーミングルームを詳しくレポートします。

eスポーツが楽しめる!「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」ゲーミングルーム

NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO。

「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」は「地域と深くつながること。そこから生まれる素敵な経験」を大切にしているノーガホテルの2軒目として2020年9月にオープン。「音楽とアートと食」をテーマに地域の文化や感性に触れながら宿泊を楽しめます。

秋葉原の電気街を思わせるネオン。

2階のフロントに向かい、エレベーターを降りて最初に出迎えてくれるのは色とりどりに輝くネオン。これはWAKUさんによる作品で、光と空間によってスタイリッシュに秋葉原の電気街を表現しています。

フロントに広がる柑橘系の爽やかな香りは、アロマ調香デザイナーの齋藤智子さんが秋葉原の街からインスパイアを受けて調香したもの。ホテルにはほかにも多くのデザイナーや企業とコラボレーションしたオリジナルのプロダクトが散りばめられ、NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYOならではのホテルステイを楽しめます。

ウェルカムドリンクと交換できるコイン。

チェックインの最後に受け取るのはゴールドの「コイン」。1階のPIZZERIA & BAR NOHGAでウェルカムドリンクをいただけるという、なんともおしゃれな仕掛けです。

ゲーミングツイン(1室料金・素泊まり税込18,000円~)

ホテルにはさまざまな客室がある中で、今回販売開始されたゲーミングルームは秋葉原という土地ならではのユニークなコンセプトルーム!秋葉原のe-スポーツ交流施設「eXeField Akiba」を運営する(株)NTTe-Sportsと共同で作った客室です。

ゲーミングバング(1室料金・素泊まり税込12,000円~)

ゲーミングルームは21平米で2段ベッドタイプの「ゲーミングバング」とシングルベッドが2つ置かれた29平米の「ゲーミングツイン」の2室。ともに2名定員で、ゲーミングバングに2名で泊まる場合、1名あたり6,000円〜(税込)です。

夢のような環境。

とにかくハイスペックな設備が勢ぞろいなのが、ゲーミングルームの特徴!株式会社サードウェーブ(本社:秋葉原)のハイスペックゲーミングパソコン「GALLERIA(ガレリア)ZA9C-R39 Z590」、ゲーミングブランド「ロジクールG」のゲーミング周辺機器、長時間座っても高いパフォーマンスを発揮できる「ハーマンミラー X ロジクールG エンボディゲーミングチェア」が、それぞれ2名分そろっている贅沢さ。これだけの環境で、仲間と一緒にゲームができるのは最高です!パソコンの性能に負けない高速インターネットを導入しているので、ストレスなくゲームを楽しめます。人気の「エーペックスレジェンズ」や「フォートナイト」などはデスクトップのショートカットからすぐにゲームを始めることが可能。ほかのゲームもアプリをダウンロードすればOKです。アカウント情報はパソコンの電源をオフにすると自動で削除されるため、セキュリティ面も安心。

ロジクールGの製品が試せる。

ゲーミング周辺機器はロジクールGのマウス、ヘッドセット、ゲーミングパッド、レーシングホイールなどが用意されています。ゲーミングルームは販売開始前にeスポーツのプロゲーマーたちに試泊してもらっているため、プレイヤー目線で「あるといいな」がそろっているのも嬉しいポイント。例えばレーシングホイールの「シフトレバー」は、プレイヤーの意見によって導入されました!高性能マイク&カメラもあり、ゲーミングルームからのゲーム配信もできます。

マウスは4種類から好きなものを使える。

マウスはなんと4種類から選択可能。自分にフィットするアイテムを実際にゲームをしながら試すことができます。もし欲しくなったら、近くの家電量販店ですぐに購入できちゃうのも秋葉原にあるホテルならでは!

モンスターエナジー4本が特別アメニティ。

飲み物はお茶やペットボトルのお水のほか、ゲーミングルームだけの特別なアメニティが「モンスターエナジー」。2種類・合計4本が冷蔵庫にキンキンに冷えており、夜通しゲームを楽しみたい時の頼れるアイテムです!

10階ゲーミングツインから見える、秋葉原らしい景色。

ゲーミングツインは10階にあるため、秋葉原の街を高い位置から見渡せます。夜には電気街のネオンを眺めながらゲームを楽しみ、たっぷり遊んだらフカフカのシモンズ製ベッドですぐに寝られるのも幸せ。

本格的なナポリピッツァに感動。「PIZZERIA & BAR NOHGA」

雰囲気のある空間で食事ができる「PIZZERIA & BAR NOHGA」。

ディナーは1階の「PIZZERIA & BAR NOHGA」で。「スパニッシュイタリアン」をテーマに、フレンチ出身の山下シェフの技が光るイノベーティブな料理を味わえます。

タパスとナチュールワイン。

まずはタパスとともに世界中からソムリエが厳選したナチュールワインを堪能。タパスはどれもスペインバルで食べているかような本格的な味わいで、特にフレッシュマッシュルーム×舞茸パウダーの旨味あふれる「きのこのマリネ」や柚子のアクセントが爽やかに光るシーフードサラダ「魚介のサルピコン レモンマヨ」が筆者一押しです。ワインは7種類がグラスで楽しめ、その日限定で飲めるおいしいワインもあるのでスタッフにぜひご相談を。

薪窯で焼くピッツァが絶品。

PIZZERIA & BAR NOHGAで外せないのが「ピッツァ」!イタリア・ナポリで100年以上の歴史を持つアクント・マリオ社の薪窯を使用し、450度〜500度の高温でピザ職人が1枚ずつ焼き上げる自慢の一品です。

ピッツァに合わせる飲み物は「ノーガレモンサワー」もおすすめ。

「マルゲリータ」など定番のほか、その日おすすめのピッツァにもご注目。2月のオイスターフェアメニュー「ピッツァ フィオレンティーナ」は生クリームに牡蠣、チーズ、ほうれん草をあしらった限定ピッツァです。ナポリ・カプート社の小麦粉を使って生地から仕込んだピッツァは外はカリっと、中はモチモチ。ピザ職人がその日の温度・湿度に合わせて焼いているので、焼き加減も最適。ナポリまで行かなくても本場の味を楽しめます。ピッツァの耳はアヒージョにつけて食べるのがNOHGAおすすめの食べ方。

ピッツァに合わせたいのがシグネチャードリンク「ノーガレモンサワー」。ウォッカベースの自家製レモンチェッロを使用しており、レモン感がすごい!心地よい苦味とまろやかな酸味が絶妙なおいしさです。

モーニングプレート1,980円(税込)

夜中までゲームを楽しんだ後は、おいしい朝食を。1階「PIZZERIA & BAR NOHGA」でモーニングプレートを提供しています。薪窯で焼いたフォカッチャ、本日のスープ、スモークサーモンのサラダ、ハムとチーズ、フルーツとヨーグルトのセットです。卵はマッシュルームオムレツやエッグベネディクトなど5種類から選べ、筆者は野菜のトマト煮込みにポーチドエッグがのった「フラメンカエッグ」を選択。焼きたてフォカッチャはモチモチで、目が覚めるほどおいしかったです!

☆☆☆

おしゃれな空間、そして高スペックな環境でeスポーツを楽しめるNOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYOのゲーミングルーム。2室限定なので、予約は早めがおすすめですよ。

・NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO
https://nohgahotel.com/akihabara/

取材・文/小浜みゆ