ライフスタイル 「バツイチになりたくて」離婚前提で結婚した32歳女性の後悔【前編】

コロナ禍で盛り上がった「家族が欲しい」という願望。そこで婚活市場は盛り上がっている。

萌美さん(仮名・33歳)は、「結婚はセルフブランディングの一環」と言い切る。結婚は生活を続けることではなく、「1回経験して、バツイチになればもう十分と思った」と言う。

結婚は誰かにコミットしたという証明

萌美さんは、去年結婚し、たった1か月で離婚したという。それは「結婚した」という経歴を作りたかったから。

「30歳で婚活を始めたのですが、すぐにコロナ禍になり、とても難航したんです。婚活は“一生、ずっと暮らしていく人”を選ぶこと。私は会社(IT関連会社)で営業をしており、出世も早く、人間関係でかなり揉まれていたんです。上司、同僚、同期、部下、取引先、外部協力者…いろんな人との人間関係で、失敗や後悔を繰り返していると、人を見る目が厳しくなってしまう。だから、同世代の結婚適齢期の男性のアラばかり見えてしまって、減点評価してしまって。このままでは結婚は無理だと思った時に、友人が結婚半年でバツイチになったんです。その姿を見て、私も結婚して離婚しようと思ったんです」

なぜ、結婚後のスピード離婚を目標にしたのでしょうか。

「いくつか理由がありますが、まずは結婚したということは、“相手とコミットした”という実績になること。結婚は相手から信頼される人間力の持ち主であり、自分自身も寛容であるというアピールになります。これは社会では有効だなと思いました。あとは、アラサーで独身だと、男性から警戒してしまいます。独身の女性よりも、バツイチのほうが男性のガードもゆるいと思ったんです」

結婚に向いていると思う男性は、責任感が強い。アラサーの女性と新規交際するということは、結婚を見据えて交際に踏み切るということ。萌美さんは誠実な男性はそこを避ける傾向があるのではと推測。

「私の同期の男性がホントに誠実な人で、彼女と別れたタイミングにアタックしたんです。すると、“萌美のことは好きだけど、もう20代としか付き合わない”と断られたんですよね。理由を聞いたら“責任が持てない”と。付き合って“なんか違う”と思っても、結婚を断れなさそうで嫌だそうです」

他にも、その意見に共感する30代の独身男性は多く、「それなら一度とにかく結婚して離婚し、改めて結婚相手を選ぼう」と思ったそう。

離婚すると思えば、相手選びもラク

1 2