ライフスタイル ブラウン最新機種「マルチクイック 9 ハンドブレンダー」は文明開化の音がした!

コロナ禍で調理家電が大ブームですが、筆者はあまり使用していませんでした。理由は台所が狭いから! 炊飯器すら置く場所がないので、ストウブ(鍋)で炊く生活になり早10年。

そんな筆者も、なんと18年使っている調理家電があります。それはブラウンのハンドブレンダー、マルチクイック。『つぶす・刻む・泡立てる』の機能をもった便利家電です。たぶん「もう少し料理がんばろう」なんて思って購入したのだと思います。もう遠い昔すぎて、買ったときの気持ちが思い出せない…。

それが今でも現役なので、あまりの丈夫さにブラウンが儲かってるのか心配になるレベルです。

特に問題なく使えてはいるものの、近ごろは調理家電の進化が目覚ましい。ハンドブレンダーって、どうなってるんだろうと思い、同じマルチクイックの最新製品をお借りしてみました。

いざ開封!パーツの多さにアタフタ…

お借りしたのは「マルチクイック 9 ハンドブレンダー MQ9195XLS」。「マルチクイック 9 ハンドブレンダー」は、ブラウンのハンドブレンダーの中でも最上位シリーズ。さらに「MQ9195XLS」はフードプロセッサー用の新アタッチメントまで搭載され、「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「きざむ」「スライス」「せん切り」「ダイスカット」「こねる」まで可能な1台8役モデル。

筆者の18年前のハンドブレンダーも、本体に加え、フードプロセッサーや泡立て器がついた、当時の中では装備が多いモデルだったはず。しかし最新最上位モデルがあまりにもハイスペックで、同じ「ハンドプロセッサー」という家電ジャンルでくくっていいのか、心配にすらなってきました!

さて、実物を開封してみます。基本的に取説は読まない系ズボラ人間の筆者ですが、一瞥して何をどう使うのか、皆目見当すらつきません。

この状態で写真を撮っておかないと、二度と戻せないパターンですね

梱包の真ん中には、ちょっと見慣れたものと近いような器具が収められていました。

スライサー、千切り、ダイサー。好みの形状に自動でカットしてくれるなんてすごすぎる。筆者宅の18年選手は、ただ細かくなるだけです。

刃をセットする台座。なんとなくわかってきました。

いざ調理してみよう!使い方は意外と直感的になんとかなる

フードプロセッサーにハンドブレンダー本体をセットしてみました。

じゃーん

右側の穴は何?と思ったら、ここから切りたい食材を投入するのだそう。ほえ~!

最近はカブにハマっていたので、カブを投入。ハンドブレンダーの上のスイッチで、3段階のモードでスピ―ドコントロールが可能。

また、アイモードテクノロジーという機能を搭載していて、各モードに対応した回転速度の範囲で、スイッチを握る力の強さや加減を変えると、それに連動してスピードを無段階調整してくれます。弱めに握ると食感を残した仕上がり、強く握るとなめらかな仕上がりに。これ、使いこなしたら最強ですね…。

お試ししたのはノーマルなスライス刃ですが、穴から投入したカブが、あっという間に包丁では難しい薄さにシャシャッとスライスされました。

ハンドブレンダーのスタンド付きで、ちょっと手を離すときの置き場所にも困りません。

先ほどスライスしたカブをバターと水とコンソメで煮ています。

さて今度はハンドブレンダーが登場!少し触感を残したいので、低速モード×弱めの握りでブーン。

あっという間にカブのポタージュが完成!


実際に最新機種を使ってみて感じたのは、まず最上位機種は大きいということ! 海外の台所にぴったりそうな、フル装備感。業界最大級の500Wのパワフルモーターを搭載しているだけあって、その安定感ときたら素晴らしいもの。今回はあまり固いものを砕いたりはしませんでしたが、氷や種など、固いものも余裕でガーッと砕けるんだろうな、という信頼感があります。

また、アタッチメントの多さもすごい!週末に野菜を買いだめしたときに、一気にいろいろな形状でカットして冷凍しておいたら、ぐっとごはんの支度が楽になりそうですし、切るだけじゃなくてこねる機能もあるので、パンもつくれちゃう…。考えるだけで楽しい。ハンドブレンダーの構造はさほど変わらないだろうと思っていたのですが、今はこんなに多機能になっていたんですね。

今は煮たり混ぜたりしてくれる調理家電がブームですが、「ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー」は、その前段階の、下ごしらえを完全に支えてくれる頼もしい存在。筆者の18年選手も、たまに動作が怪しくなるので、次はこんなハイスペックのものをお迎えするのもいいな、と心が動いた次第です。

ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー(MQ9195XLS)
参考価格:33,000円(税込)
本体サイズ:幅65×奥行70×高さ410mm(ブレンダー装着時)
本体重量:約1,030g(ブレンダー装着時)
セット内容:本体/アクティブブレードシャフト/フードプロセッサー(カッター×2種、刃ツール×3種、こねベラ)/泡だて器/専用計量カップ(蓋つき)/専用スパチュラ/専用尾スタンド/オリジナルレシピブック
https://www.braunhousehold.com/ja jp/products/food preparation/hand blenders/multiquick 9/mq 9195xls?sku=0X22111405