ライフスタイル 1位は夏ならではの絶景ビーチ! SNSで旅好きが決めた、この夏に行きたい「国内の夏の絶景ランキング」

4位【北海道】オロフレ峠展望台から見る雲海

異なる2つの雲海を楽しむ!
北海道登別市カルルス町にある「オロフレ峠展望台」は、標高930mにあり、展望台から見る景色は雄大。険しい山々の奥には洞爺湖や羊蹄山を見ることができます。この展望台は雲海発生率が高く、ちょうど登別市と壮瞥町の境目にあるため、登別側の雲海と壮瞥側の雲海と、全く異なる2つの雲海を見られます。運が良いと、朝は美しい朝焼けが、夜には雲海と輝く星を眺めることができます。
<アクセス>道央自動車道登別東ICから道道2号をカルルス温泉方面へクルマで約15km、約30分。

オロフレ峠展望台から見る雲海(北海道)

オロフレ峠展望台から見る雲海(北海道)

 

5位【青森県】白神山地・十二湖

神秘的なコバルトブルーの池
白神山地は、秋田県から青森県にまたがる広大な地帯の総称で、ユネスコ世界遺産に登録されています。なかでも十二湖地域は、白神山地の麓、日本海側の天然湖沼がブナ林の自然林に囲まれた地域で、津軽国定公園と自然休養林に指定され、森林浴によるリラックス効果が認められる「森林セラピー基地」としても認定されてます。
十二湖の一つ、青池の神秘的なコバルトブルーは必見! 6月中旬から夏にかけては、まぶしい新緑の中でのトレッキングを楽しむことも。
<アクセス>秋田空港から十二湖までクルマで約2時間半。

白神山地・十二湖(青森県)

白神山地・十二湖(青森県)

 

6位【長野県】御射鹿池(みしゃかいけ)

まるで絵画のような世界!
長野県奥蓼科にある「御射鹿池」は、まるで鏡のような水面に新緑の木々が反射し、幻想的な景色を楽しむことができます。より深い緑の景色を楽しみたい人は、早朝に訪れるのがオススメ。まるで時がとまったかのような静寂があたりを包み込みます。
<アクセス>諏訪ICからクルマで約30分。

御射鹿池(長野県)

御射鹿池(長野県)

 

7位【兵庫県】淡路島 海ホタル

「海の宝石」と呼ばれる青の絶景
兵庫県淡路島の阿万(あまん)海岸、伊毘(いび)海岸では、体調3mm程度の甲殻類で刺激を与えると青く光る「海ホタル」を見る事ができます。淡水の流入が少なく、波の穏やかな湾にしか生息せず、淡路島でも特定の海岸にしか姿を現しません。何百、何千という海ホタルが青く光り輝くこの光景は、とても幻想的。淡路島の特定のホテル、施設が4月~9月の特定日に鑑賞会を実施しています。
<アクセス>阿万海岸は西淡三原ICからクルマで約30分、伊毘海岸は淡路島南ICすぐ。

淡路島 海ホタル(兵庫県)

淡路島 海ホタル(兵庫県)

 

1 2 3