ライフスタイル 【変身おしゃれごはん】フツーのオムレツが●●投入で、劇的スタイリッシュに大変身!

はじめまして、アラフォー独身ライターの下田公子です。ここでは、イケてない料理を、おしゃれな一皿に変身させる方法を模索したいと思います。この背景には、最近、Instagramなど写真SNSに本腰を入れたことがあります。とりわけおもしろみもない日々を過ごしている人間にとって、アップするものと言えば料理しかありません。それと同時に同世代の独身女子のタイムラインをチェック。驚いたのは、そのレベル高い料理の腕前。

自分より料理がデキないと思っていた格下女子が、おしゃれカフェご飯と見まごうばかりの逸品をアップし、多数の「イイネ」を獲得。これは悔しかったですね。趣味はマウンティングで負けず嫌いの私は、彼女たちと同様のおしゃれ料理作成に奮闘するも、元来がガサツな性分なので撃沈……。

あ、でも、おしゃれ料理の代名詞、オムレツは上手につくれるようになりました。オムレツがうまくできるコツは、卵3個に牛乳を小さじ1程度入れて溶き、油をたっぷりひいた高温のフライパンに一気に流し込み、フライパンのヘリに押し付けるようにまとめて仕上げることです。

自分なりに「イイネ」を狙ってがんばって作ったのが、下記のご飯です。

FullSizeRender (6)

オムレツの半円形になっている部分が、フライパンのヘリの形状。猫柄の皿には青菜の煮びたし。キラキラご飯のつもりで作ったのに、お年寄りが好むようなシワシワご飯に。ちなみにお皿は実家から持ってきた20年以上の愛用品(安物)。

盛り付けが雑なのか、丁寧に作っていないからダメなのか、なんとか見栄えする料理はできないものか……と「#おうちごはん」でインスタを検索しました。

すると、おしゃれに見える料理に使われている食材に共通点があることを発見。手間がかからない食材を下記にピックアップしました。

●卵(オムレツ、目玉焼き、ゆで卵)

●ホウレンソウ ●オリーブ ●マッシュルーム ●ベーコン ●ナチュラルチーズ

●トマト ●ハーブ(ルッコラ、バジルなど) ●水煮豆 ●ナッツ

早速、近所のスーパーに走り、自宅にはないおしゃれ食材を購入。

赤線が新規購入のおしゃれ食材。それだけを買うつもりが、好物のガリガリ君梨味やそうめん(薬味のミョウガ)などが特売していて購入してしまう。

FullSizeRender

高額で驚いたのが、オリーブとフェタチーズが入っているオイル漬けのお値段、699円。高級和牛より高価。毎日こんなの食べてたら破産するかも。

あと、もう1つおしゃれに見える料理で多用されている食器があることが分かりました。それは、フィンランドの食器ブランド『アラビア』のブラックパラティッシ。実は私もこれは持っていて、お嫁に行くときに使おうと思い、5年前に購入し、しまい込んでいましたが、結婚の予定もないので満を持しておろしてみました。

IMG_9227

26cmサイズで当時5000円くらいで購入。インパクトがある柄なのに、不思議と料理が映える魔法の皿。

お皿のおしゃれ感と、料理に「あるもの」を足すと、地味なご飯も華やかに!

1 2 3