ライフスタイル 手帳に日記をつけて思い出を残す「ライフログ」、SNSでシェアしている人は約●%!

堅実女子にとっては必需品ともいえるアイテム、手帳。そろそろ来年の手帳をチェックしたいシーズンですね。近年、手帳に日記をつけて思い出を残す習慣のことを「ライフログ」と呼びます。ゼブラ株式会社が実施したアンケート調査から、手帳に日記をつける理由を探っていきましょう。

その日の出来事や気持ちを残しておきたい!

ここ数年、手帳に日記をつける人が増え、1日1ページタイプの手帳など、たくさん書けるタイプの手帳や趣味別に作られた手帳が人気を集めています。同調査では、手帳に日記を書く習慣がある20~30代女性100名を対象にアンケートを実施。

まず、ライフログ手帳に何を書いているのか聞いたところ、「仕事」「趣味」「家族」のことを書いている人が多数。

あなたはライフログ手帳でどんなことを書いていますか?
1位:仕事で起きた出来事(62.0%)
2位:映画やグルメなど趣味の記録(58.0%)
3位:家族ですごした思い出(49.0%)
4位:ダイエットなど目標に対する記録(24.0%)
5位:その他(9.0%)

「1日に1個よかったことを手帳に書くと前向きな気持ちになって、モチベーションアップにつながる」
「つらいときに、自分が過去に落ち込み立ち直ったことを読み返して前向きな気持ちになる」
「去年の誕生日プレゼントとかぶらないように」
「子どもの成長を記録して、あとから子供に読んでほしい」
など、手書きでその日の細かい記録や感情を残したいという気持ちがあることがわかりました。

ライフログ手帳は、その日の出来事や気持ちを残しておきたいから書くという人が多数。

ライフログ手帳は、その日の出来事や気持ちを残しておきたいから書くという人が多数。

1 2