ライフスタイル 時間もお金もカロリーも節約! フリージングをマスターしよう♪

以前、Suits世代の食事情&時短レシピをご紹介しましたが、時間だけでなくお金も節約できる“フリージング”にチャレンジしませんか? 例えば、休日の半日を使って、まとめて食材をフリージングしておくことで、平日の食事の支度はうんとラクチンになるはず。自炊は節約になるだけでなく、味やオイルの調整も自分好みにできるのでヘルシーでもあるんです! まずは、Suitsのバックナンバーから、基本的なフリージング3つのルールをどうぞ♪

法則1 素材をそのまま冷凍(賞味期限の目安:3週間~1か月)

肉、魚、万能ネギ、キノコ類、トマトなどは火を通さなくても、そのまま冷凍できます。素材が新鮮なほど解凍後においしく食べられるので、買ってきたらすぐに冷凍するのがポイント。肉、魚は1回に使う分だけ小分けにしてラップでぴっちり包み、ネギなどの薬味は使いやすい大きさに切って冷凍しよう。トマトは丸ごと冷凍できますが、解凍後は生のままではなく、トマトソースなどに加工して使うこと。

kenjo0317_01

法則2 下味をつけて冷凍(賞味期限の目安:2週間)

肉や野菜、薬味などを調味液に漬け込んで、いわゆる「おかずの素」を作って冷凍するパターン。材料をすべて冷凍保存袋に入れてよくもみ、余分な空気を抜いて、平らにして冷凍保存しましょう。肉や魚介だけでもいいし、タマネギやニンジンなど、冷凍保存が可能な野菜類と一緒に漬け込んでもOK。調理の手間が省けるだけでなく、冷凍する間に素材にしっかり味が染み込んで、おいしさもアップ!

kenjo0317_02

1 2