ライフスタイル 今の手帳はしっくりきてる? 理想の手帳選びのポイント7

4月始まりの手帳を探している人、年始から使い始めた手帳がじっくりこない人…スケジュール管理に欠かすことのできない手帳のスムーズな選び方を、Suitsのバックナンバーからお届けします!

手帳選び、まずチェックするのはこの7つ!

“買ったけど使いにくい”を脱出するために、チェックしておくべきは以下の項目。このポイントを押さえておけば、もう手帳売り場で目移りすることなく、冷静に手帳を選ぶことができるはず!

【サイズ】
 → 書き込みでまっ黒になっていませんか?
【レイアウト】
 → ひと月の全体スケジュール? それとも週ごとに把握したい?
【色】
 → 好きな色を選ぶ? それともシックで落ち着いたものにする?
【メモ】
 → あれこれ書いてメモ欄が足りないのでは?
【巻末資料】
 → 路線図は必須? 服のサイズ表も要る?
【どういうシーンでよく使うか】
 → 仕事中に人の前で出す? それとも日記的に使用?
【その他】
 → ペンホルダーは必要? しおりは必要?

あなたにぴったりの手帳サイズは?

ポイントは、記入量と持ち歩く頻度です。営業職で予定が多い人などは、ミニサイズだと足りなくなるかも。自分のライフスタイルに合わせて、慎重に選びましょう!

【小型サイズ】タテ114×ヨコ95㎜
ビジネス手帳の元祖が、実はこのサイズ。ジャケットのポケットに入り、持ち運びに便利です。

【縦長サイズ】タテ175×ヨコ85㎜
スマートに開けて、持ち運びしやすいのがメリット。しかし書ける量が少なく工夫が必要になります。

【A6サイズ】タテ155×ヨコ110㎜
小さなバッグにも入ることもあり女性に人気のサイズ。かわいいデザインが多数見つかります。

【B6サイズ】タテ188×ヨコ133㎜
バイブルサイズ。書き込む量が多く、携帯しやすいから、多くのビジネスパーソンから支持されています。

【A5サイズ】タテ216×ヨコ154㎜
携帯には大きめですが、記入スペースが豊富なので、メモと手帳を一本化したい人に◎。

【B5サイズ】タテ265×ヨコ188㎜
デスクトップサイズ。日記と手帳を併用する人に向いていますが、持ち運びには不向き。あくまで記録用として。

kenjo2014_0327
参照:『Suits』2013年秋号 P.22~23
「女子のための手帳選びQ&A」