ライフスタイル 【女子文具】「コクヨハク」でいつもの文具を自分らしくカスタマイズ!

ご当地文具!?コクヨの工場シリーズ

コクヨと言えば「キャンパスノート」。実はキャンパスノートは「コクヨ工業滋賀」で製造されていて、滋賀工場オリジナルの「びわこ文具」が人気。なかなか直接手に取って購入できる機会がないから、しっかりチェックしてみて。琵琶湖形のクリップや飛び出しぼうやの付せんなどなど、ユニークなアイテムが揃っています。今年は鳥取県のファイル工場「コクヨMVP」からも限定商品を販売。

009

「コクヨ工場滋賀」の「びわこ文具」。琵琶湖に棲息する多年生草木のヨシ(葦)を紙に使用したエコな文具が揃います。

010

百人一首の読み札をもとにデザインした「歌かるた箋」270円。滋賀県が映画『ちはやふる』の舞台になったことから商品化されたそう。五・七・五・七・七の短歌にのせてメッセージを伝えてみたい。

011

鳥取県のファイル工場「コクヨMVP」コーナー。

012

鳥取県の工場からはレインボーカラーの「スクラップブック」を限定発売。表紙だけじゃなく、中のクラフト紙も虹色で楽しい! B6サイズ777円(50冊×7色限定)、A4サイズ999円(50冊×7色限定)。

013

入り口には「サラリーマン山崎シゲル」の等身大部長の「鉛筆シャープ立て」が。ここで撮影するのはお約束。横のテープのり「ドットライナー」のハート型モチーフのパッケージは実は販売アイテム。「コンパクトセット」648円(100箱限定)、「プチセット」475円(100箱限定)。

ココでしか買えないアイテムがいっぱい揃う「コクヨハク」。限定商品は1人2つまでの販売だけど、人気のものは売り切れてしまうかも。欲しいモノがある人は早めに訪れよう!

※すべて税込み価格。

コクヨハク
日時:2017年3月31日(金)~4月2日(日)10:00~20:00(最終日は18:00まで)
場所:JRタワー・KITTE地下1階 東京シティアイ
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/haku/2017/

 

取材・文/綿谷禎子

 

1 2 3