ライフスタイル 貧血予防にはパセリ!? みずみずしい肌になるために食べたい3つの葉物野菜

某美容家の本にありました。『美容液より美容食』と。そう、今や“外”だけでなく“内”から意識する時代なのです。とはいえ、値段の貼るオーガニック食材やこだわりカフェでランチとしゃれ込む……なんてことは続かないのも堅実女子の現実。そこで、“毎日の食事”を見直してみることから美と健康を目指す、アスリートフード研究家の池田清子さんに突撃!

「美容食は、近所のスーパーマーケットで見つかります。たとえば、旬の野菜もそう。今は年中、いろんな野菜が手に入りますが、旬のものはとくにリーズナブルで栄養価も高いんです。鮮度や安心感といった意味でも、国産を選ぶといいでしょう。

初夏から積極的に食べたいのが、色の濃い緑の葉物野菜。春から葉物野菜は手に入りますが、レタスやキャベツなど、淡い色の柔らかな葉のものが多いですね。夏に向けて、葉がプリプリと元気で、色も濃いものが増えていきます。おすすめは、サラダにして生のまま食べること。葉物野菜にたっぷり含まれた水分が、ダイレクトにお肌のみずみずしさへかえっていきますよ。

また、緑の葉物野菜の中には貧血予防によい鉄分が豊富なものも。貧血といえばレバーというイメージがあるかもしれませんが、実は私たちが食べているレバーって解毒を担う臓器なんです。飼料にどんなものが含まれているか? 飼育環境は? すぐにはわからないですよね。また、レバーは食べすぎるとコレステロールも心配。だから私は、旬の野菜をモリモリ食べて鉄分を補います(池田)」

堅実女子にオススメの野菜は次の3つ!

1 2