ライフスタイル お土産におすすめ!新スポット「グランスタ丸の内」の東京駅限定商品

JR東京駅にまたひとつ、魅力のスポットが登場しました。それが2017年4月27日にオープンした「グランスタ丸の内」。「グランスタ」と言えば、東京駅地下1階の八重洲側と丸の内側を繋ぐ、改札内最大のショッピングスポット。このエリアに続く改札内スポットや、改札外の丸の内地下エリアにも新たな商業エリアが計画され、順次、店舗がオープンしています。

第2期の今回は「グランスタ丸の内」に16店舗、「グランスタ」新エリアに5店舗がオープン。今後も6月下旬に第3期、8月下旬には第4期と続き、この4期の開業に伴って、全55店舗からなる「グランスタ丸の内」と「グランスタ」新エリアがグランドオープンします。

東京駅の丸の内地下エリアは、JR東京駅と東京メトロ丸ノ内線東京駅を結ぶ重要なライン。1日に約14万人もの人の流れがあるそうです。これからグランドオープンに向けて話題満載のスポットだけに要チェック! お土産におすすめの東京駅限定商品もたくさんあるので、中でもおすすめの商品を厳選してご紹介します。

 

まずナチュラルアイテムを豊富に揃えるコスメショップ「cosmekitchen」がプロデュースする「Biople by cosmekitchen」では、イギリスのオーガニックティー「イングリッシュティーショップ」と初めてコラボした『ORGANIC TOKYO TEA』が東京駅限定で登場。人気の『あわたまオニオンスープ』も東京駅限定パッケージなので、女子友に喜ばれそう。

001

BioなPeople(Biople)になれるビューティー コンビニエンスストアがコンセプトの「Biople by cosmekitchen」。

002

東京駅舎や桜をデザインしたパッケージがかわいい『ORGANIC TOKYO TEA』1782円。

003

1食当たり1億個以上の乳酸菌が入っている化学調味料無添加の『あわたまオニオンスープ』756円。東京駅舎が描かれた東京駅限定パッケージです。

 

「ワインショップ・エノテカ」からは、新幹線と東京駅をデザインしたラベルが魅力のスパークリング(カヴァ)が限定発売。ショップには本格的なワインバーも設置しているので、待ち合わせや仕事終わりの1杯に利用してみて。

004

長く立ち昇るクリーミーできめ細かい泡が特徴のカヴァは、肉でも魚でも幅広い料理と相性抜群。飲んだ後も飾っておきたい楽しいデザインです。『SHINKANSENカヴァ』2700円。

005

ワインバーでは600種類以上のラインアップからその時期のおすすめをグラスで提供。メニューは随時変わっていくので、様々なワインを気軽に味わえます。

1 2