ライフスタイル 今年は土用の丑の日が2日間! あなたはうなぎを食べますか?

暑い夏、スタミナをつけるために食べたいものといえば……うなぎ! 土用の丑の日を楽しみにしている人も多いのでは? 今年は、そんな土用の丑の日が2日あるってご存知でしたか?

土用の丑の日、7割が「うなぎを食べたい」

近年、うなぎの資源量が激減し、価格高騰が何かと話題に。土用の丑の日を目前に、うなぎ商戦が本格化している今、生活者のうなぎ消費に対する意識や実態についてのアンケート結果をご紹介します。

全国の20~69歳の男女1,000名を対象に実施された、株式会社マクロミルの調査によると、今年の土用の丑の日にうなぎを食べたいかという質問に対して、「食べたい」と回答した人は70%、一人前の予算は平均「1,843円」でした。

今年は、土用の丑の日が、“一の丑”、“二の丑”と2日間存在します。どちらの土用の丑の日に食べたいか聞いたところに、44%の人が「両日とも食べたい」と回答しました。また、「7月25日(火)」だけは37%、「8月6日(日)」だけは19%となりました。

どちらの土用の丑の日にうなぎを食べたいか (ベース:全体 / n=1,000)

どちらの土用の丑の日にうなぎを食べたいか (ベース:全体 / n=1,000)

うなぎは「高くても国産」

産地や、天然・養殖などによって、価格に差が出るうなぎですが、今年の土用の丑の日にうなぎを食べたい人へ、それらに対する考えを質問。産地については、「高くても国産うなぎがよい」が73%、「安いなら輸入うなぎがよい」が27%で、国産うなぎは人気が高いことがわかります。
また、天然・養殖については、「高くても天然うなぎがよい」31%、「安いなら養殖うなぎがよい」69%で、比較的安く買える養殖うなぎに人気が集まっているようです。

ちょっと贅沢に、スタミナをつけて夏を乗り切りたいところです!

ちょっと贅沢に、スタミナをつけて夏を乗り切りたいところです!

1 2