ライフスタイル サクソフォンから注がれるビールは軽井沢の味? ビール女子も大満足!のクラフトビール工場

昨年からブームが続いている、クラフトビール。ひと昔前まで「地ビール」とも呼ばれ(今でもその呼び名は健在)、もっぱらビーラーの愛好物でしたが、最近では味も洗練され、専門店の店内も「とりあえずビール!」のお店よりシックでオシャレとあって、若い人の間にもじわじわ人気が広がっています。デートで「クラフトビールが飲めるお店、どう?」というのも、けっこうポイント高いのではないかと思われます。

夏休みに行っちゃう?クラフトビール見学

ちなみにクラフトビールはビール酵母が瓶内に残っているものが多く、いわば発酵飲料なので美容にもいいと言われています。もちろん飲み過ぎは論外ですが。そこでクラフトビール入門としまして、いきなりですが、クラフトビールの工場見学のレポートをお届けします。はじめに選んだのは、夏休みの小トリップがてら、東京からサクッと行ける軽井沢ブルワリーです。

JR北陸新幹線・佐久平駅からタクシーで10分弱。軽井沢ブルワリーの工場はドーンと大きい。設立は2013年とクラフトビールの中では後発組ですが、規模がデカイ。年間200万リットルという生産能力は日本のクラフトメーカーの中ではトップクラスです。さらに9月には工場増設が完了し、今より2.5倍の500万リットルにパワーアップ。国内のクラフトビールで最大の生産能力になるそうです。

 軽井沢ブルワリーにしかないビアサーバー

オープンして4年目のきれいな工場。見学者には若い女性グループ、男性グループと、思いのほか年齢層が若いです。「先日もSNSで知り合ったという20代の女性たちがいらっしゃって、ワイワイ楽しそうに見学されていきました」と軽井沢ブルワリーの小林さん。

ドーンと大きな軽井沢ブルワリー。JR佐久平駅からクルマで10分弱。

ビールの香りがほのかに漂う仕込み室、巨大なタンクが並ぶ発酵・貯酒室、缶詰め、瓶詰め工程の生産工程を見学。その工程自体は大手のビールと変わりはありません。このブルワリー見学の目玉はテイスティングするビアホールにありました。カウンターに並んだ3台のピカピカのビアサーバーが、サクソフォンの形をしているのです——と思ったら、「イタリア製の本物のサクソフォンに管を通してサーバーに仕立ています」とのこと。社長のこだわりがサーバーに表現されています。

見学後は、できたての生がサクソフォンから!

 

1 2 3