ライフスタイル SNSで話題のハート型の猪目窓と天井画に感動!「正寿院」を訪れる宇治・伏見の旅

宇治・伏見はお得なプランで満喫!

正寿院のある宇治は、お茶処として有名な場所。「京都 お茶の宇治・お酒の伏見 満喫の旅」をテーマに、おすすめの旅行プランも提案されています。東京・品川発着の往復新幹線利用で1泊1人2万4900円~。名古屋発着の1泊プランも1人1万4100円から用意されています。これらJR東海ツアーズやJTBなどのパッケージプランに付いているのが、お得な「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」です。

京都 お茶の宇治・お酒の伏見 満喫の旅
https://shinkansen.travel/souda-kyoto/theme/uji-fushimiSP/index

「宇治・伏見1dayチケット(特別版)」。提示すると宇治、伏見、八幡エリアの観光施設や店舗などで、様々な優待を受けることができる。

 

大阪の中之島や淀屋橋から京都の出町柳までの京阪線のフリー区間が1日乗り降り自由。このような「宇治・伏見1dayチケット」自体は京阪の各沿線で購入できますが、このチケットは特別版なので、お得感が違います。京都タワー展望室入場券や、宇治の福寿園宇治茶工房のお抹茶一服券、3箇所から選んで使えるセレクト券などが付いているほか、観光施設や店舗などの割引特典も付いています。

お茶作りやお茶を飲む器作りが楽しめる「宇治の福寿園 宇治茶工房」。

1階の茶店でお抹茶を味わえる。

このチケットを使うと宇治から伏見の移動もラクラク。酒処として知られる伏見には、様々な酒造メーカーが揃います。その中でも「月桂冠大倉記念館」は、京都市有形民俗文化財に指定された多くの酒造用具を見ることができるので、ぜひ訪れたいところ。

伏見城の外堀、濠川(ごうかわ)沿いの柳並木にある月桂冠大倉記念館。ちなみに入口は反対側にあります。

寛永14年(1637年)創業の月桂冠発祥の地に今もこんこんと湧き出る「さかみづ」。

地下約50mから湧き出している酒造りの命の水とも言える井戸水「さかみづ」を飲んだり、人気銘柄の日本酒を試飲できたりと、酒好きにはたまらない内容。お土産として純米吟醸酒180mlを1本もらえるので、自分土産にするのもいいですね。

酒造りの工程順に絵図パネルと用具類を展示。

明治、大正期の商品や広告物、写真などを見られます。写真は手押し焼き印。

お祝いの席で鏡開きされる酒樽の実物も展示。

きき酒処では人気のお酒4~5種類を試飲できます。気に入ったお酒は売店で購入可能。

 

月桂冠大倉記念館
住所:京都市伏見区南浜町247
開館時間:9:30~16:15(受付終了)
休館日:盆・年末年始 ※9月9日は臨時休業
入館料:大人300円・中高生100円(お土産付き)
交通:京阪中書島駅より徒歩5分
http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/

1 2 3