ライフスタイル レディー・ガガ愛用の「ヒールレスシューズ」の展示も!アートを身近に感じられる 『舘鼻則孝 リ・シンク展』

常に流行の最先端を行き、世界中から注目を浴びる女性アーティストのレディー・ガガ。奇抜なファッションを得意とする彼女が愛用している「ヒールレスシューズ」という、踵がない靴を見たことがありますか?

この「ヒールレスシューズ」を制作しているのが、新進の日本人アーティスト・舘鼻則孝さんなのです。彼を一躍有名にしたこの靴は、なんと大学の卒業制作で作られたものが原点。

アートや美術館って敷居を高く感じてしまい、なかなか気軽に観に行くことができない……という人も多いのでは?でも、「ヒールレスシューズ」や「背の高いトウシューズ」が展示されると知ったら、「見てみたい!」と思いませんか?

『舘鼻則孝 リ・シンク展』の開催場所は、表参道ヒルズの地下3階にあるスペース オー。ファッションビルの中にあるので、美術館のように気負わずに、買い物のついでに寄ることができます。しかも、なんと入場料無料!前売り券などの必要がないため、仕事やプライベートと忙しいアラサー世代でも、ふらっと立ち寄れるのが嬉しい。

「館鼻則孝 リ・シンク展」のフラッグが!

『舘鼻則孝 リ・シンク展』は、舘鼻さんにとって過去最大規模の作品展。入口に飾ってある「トレーシーズ・オブ・ア・コンティニュイングヒストリー」は、鋳物でできた骸骨のオブジェ。なんと、舘鼻さん自身の頭蓋骨をスキャンしたもの。さらに入場してすぐに目に入るのが、「TATEHANA BUNRAKU」の赤い橋。これは、パリにある「カルティエ現代美術財団」で2016年に上演された「人形浄瑠璃文楽」の舞台を再現したもの。奥には実際に人形が着ていた着物の展示もあります。演目の最後は「道行き」という心中のシーンで幕を閉じるそう。目を奪われるような深紅の橋に、白い石畳が映えていました。

橋の前で、今回の作品展の見どころを説明をする舘鼻さん。

奥に進むと、目の前に飛び込んできたのは、ヒールレスシューズ!花魁が履いていた高下駄から着想を得たという独特のフォルムは、シューズ全体で描くカーブの曲線が美しい!この靴を履いてバランスが取れるレディー・ガガの身体能力にも驚かされます。

「ヒールレスシューズ、2017(C) NORITAKA TATEHANA 2017.」。幻想的な雰囲気。

「ヒールレスシューズ、2014(C) NORITAKA TATEHANA 2017.」可愛い色で、一度履いてみたくなってしまいます。

美術展の中に、カフェが登場!

1 2 3