ライフスタイル これさえあれば味付けは万能!?「めんつゆ」の活用法を調査!中には意外な使い方もあり?

日常的に料理をする女性にとって、欠かせないアイテムといえば「めんつゆ」。今やそうめんやそばの“つゆ”として使うだけではなく、煮物や炒め物などの味付けなどにも幅広く活用されています。今回はマイボイスコムの調査による、万能調味料「めんつゆ」の活用事情をご紹介! 皆さんどんなふうに活用しているのでしょうか?

調味料として活用する人は約4割! ほかしょうゆの代わりに活用している人も

まず「めんつゆ」には、用途によって水で希釈して使う「濃縮タイプ」と、そのまま使う「ストレートタイプ」があります。どちらを使っている人が多いのか?調査結果はこちらとなっています。

「ごま」「塩味」「鶏だし」といった変わり種を愛用している人も6.7%いました。

圧倒的に多いのは濃縮タイプの「濃縮つゆ」(78.1%)。濃縮タイプの場合、例えば味付けには原液のままつかったり、つけダレには水で希釈したりすることが可能。そういった汎用性の高さが人気の秘訣でしょうか?

では同調査による「麺つゆ・だしつゆの利用方法」の結果を見てみましょう。

  • 麺つゆ・だしつゆの利用方法

 

1位 そうめんのつゆ・汁として、そのまま使う……68.6%

2位 そばのつゆ・汁として、そのまま使う……67.2%

3位 うどんのつゆ・汁として、そのまま使う……58.6%

4位 調味料として料理に入れる……42.9%

5位 天つゆ……37.9%

6位 他の調味料などを加えてアレンジし、めん類のつゆとして使う……22.8%

7位 しょうゆの代わりにかける・つける……18.2%

8位 おひたしや浅漬けなどのつけ汁……17.2%

9位 たれ(焼肉やしゃぶしゃぶなどのつけだれ)……8.0%

 

1位から3位は「そうめん」「そば」「うどん」のつゆや汁に使うという意見。ただ、これは同調査が8月上旬に行なわれている影響も大きいと思います。特に「そうめん」は7割近くの高比率ですが、それだけ夏は家でそうめんを食べている人が多かったのでしょう。

一方調味料として使っている人は約4割。ただ「しょうゆの代わりにかける・つける」が18.2%、「おひたしや浅漬けのつけ汁」が17.2%おり、改めてめんつゆの汎用性の高さがよくわかる結果といえそうです。

1 2