ライフスタイル デンマーク皇太子夫妻も歩いた!『DENMARK フェス&ウォーカソン』のヒュッゲな2日間

今年は日本とデンマークが外交関係を樹立して150周年を迎える年、それを記念してデンマークと日本の各地ではイベントが開催されています。10月7日・8日には、東京の豊洲公園で『DENMARK フェス&ウォーカソン』が開催されました。堅実女子の旅先としても人気の高いデンマーク、最近ではデンマーク語の「ヒュッゲ」という言葉が注目されています。「ヒュッゲ」とは「温かな居心地の良い時間や空間」を意味します。まさにギスギスしたストレスフルな日常から離れた、ヒュッゲな雰囲気に包まれた2日間のフェスでした。

雨上がりの澄んだ空気の中で始まった1日目、デンマークゆかりのブランドや関係企業がブースを出して人々をむかえます。

ニコライ・バーグマンが手掛けたフラワーゲート。木をベースにしているところが、なんとも北欧っぽい!

会場の真ん中にはアンプティサッカー(足に障害を持つ人々も楽しめるサッカー)のグラウンドが。

デンマークのシューズブランドeccoのブース横には、巨大シューズが。中は滑り台になっていて、子供たちに大人気。

デンマークと言えばLEGO!クルマを組み立てるワークショップも開催していました。

北欧アイテムを販売していたHYUGGEでは、デンマークの国民的キャラクター、ラスムス クルンプのグッズや絵本も!

このようにデンマークの王室御用達シューズとレザーグッズのブランドecco、おなじみのLEGO、子供向けの遊具が話題のbObles、日本初上陸のハーブティーを扱うTHE BREW COMPANY、グローバルヘルスケア企業のノボ ノルディスクファーマ、そしてVisitDenmark・WonderfulCopenhagen・SASなどデンマーク企業やブランドが勢ぞろい。北欧グッズやデンマークのデザインアイテム、ラスムス クルンプの商品を販売する、その名もHYGGE(ヒュッゲ)もありました。

飲食エリアではデンマークの絵本作家が名前の由来であるアンデルセン、カールスバーグ、ラスムス クルンプカフェなどが出店し、お腹も満たしてくれました。地元・江東区の商店からは佃宝、ペル・エ・メルも出店し、お弁当や「豊洲はちみつ」などを販売。食べ物や飲み物を購入して、海辺のベンチでのんびり過ごす人も多数いました。

アンデルセンではホットドッグを販売。コペンハーゲンっ子はホットドッグが大好きなのです。

ステージではピーター・ノアガードさんのパペットショーやノルディック複合メダリストの荻原次晴さんのトークショーも。会場内ではラスムス クルンプの着ぐるみが歩きまわり、一緒に写真を撮ったりとサービス満点。和やかな雰囲気の会場には、親子連れや北欧好きがのんびり過ごしていました。

1 2