ライフスタイル 【女子文具】TSUTAYAから働く女性のための文具ブランド『HEDERA』が登場!

「TSUTAYA」と言えばブックストアやCD・DVDなどのレンタルショップとして知られていますが、文具や雑貨を取り扱う店舗が意外と多いことを知っていました? 実は全国約1500店舗のうち、300店舗(9月末現在)で文具・雑貨を取り扱っているそう。その売り上げは2015年度、2016年度共に、既存店前年比約110%と好調なこともあって、「TSUTAYA」では文具・雑貨の取り扱い店舗を2019年3月までに500店舗まで拡大することを目指しています。

そんな文具・雑貨を取り扱い始めた2011年から考えられていたプライベートブランドが、この度、誕生しました。文具・雑貨の主要購入顧客層である30~40代の女性に絞った文具ブランド『HEDERA(へデラ)』と、雑貨ブランド『Lelierre(ルリエル)』で、11月1日より順次、全国の約180店舗の「TSUTAYA」「TSUTAYA BOOKSTORE」「蔦屋書店」「草叢BOOKS」などで発売がスタートします。

働く女性のための新しい文具ブランドが登場しました。

「TSUTAYA」という名前は、創業者である増田宗昭氏の祖父の屋号「蔦屋」から名付けられたそうですが、今回の新ブランドの名前も「蔦」に由来しています。『HEDERA』はラテン語、『Lelierre』はフランス語で「蔦」を意味する言葉。〝オンとオフの私〟をコンセプトに、忙しい日常の中で、蔦のようにしなやかなライフスタイルを実現して欲しい、という思いが込められています。

『HEDERA』の商品はボールペン、シャープペン、ノート、メモ、カッター、ハサミ、テープ、ホッチキスなど全25アイテム。カラーはスノーホワイト、コッパームーン、ナイトブラックの3色展開で、中でもコッパームーンがゴージャスなイメージで、個人的に気に入っています。

『HEDERA』のコッパームーンの文具はピンクがかったゴールドカラーがステキ。

ライン使いしたくなる、統一感あるデザイン

1 2