ライフスタイル 現代アートとドラえもんの新たな出会いを見逃すな!『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』

お願い、ドラえも~ん!ではなく、現代アーティストたちに「あなたのドラえもんをつくってください」とお願いして実現した『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』(11月1日〜2018年1月8日)が始まりました。28組のアーティストたちの手による「ドラえもん」が、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーに大集合しています。

村上隆、奈良美智、蜷川実花、現代アーティストたちのドラえもん

実はこうした試みは今回が2回目。2002年に大阪のサントリーミュージアム天保山で第1回が開かれました。それから15年。15年前に小学生だった少年少女も、今や立派な社会人ですね! 

出展には、前回のドラえもん展にも参加した村上隆さん、奈良美智さん、蜷川実花さんなど、今や日本を代表する現代アーティストの作品をはじめ、この15年に芽吹いた新らしい才能が集結。ここに来れば、現在活躍中および今後注目の新進アーティストの作品にも出会えるというわけです。ドキドキわくわくのドラえもん×現代アートワールドです!

村上隆『あんなこといいな できたらいいな』/ドラえもん曼荼羅と呼ぶべき、みんな大集合の6m×3mの巨大な作品。「ドラえもんの作品の中でもっとも重要なものは何だろう、と考えた時、藤子先生(藤子・F・不二雄先生)ご本人だということに気づき、絵に入れた」。藤子先生は、みんなに囲まれています。 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

奈良美智『依然としてジャイアンにリボンをとられたままのドラミちゃん@真夜中』(背景)とフィギュア(前方の黄色いフィギュア「Untitled」)。前回(2002)の作品は『ジャイアンにリボンをとられたドラミちゃん』でした。15年経ってなお、リボンはとられたまま!そしてなんと首かざりの鈴もとられた?

佐藤雅晴『かくれんぼ』/ ビデオ作品。写真の画面は、原発事故後の福島を歩き回っているドラえもん。動力は原子力のドラえもん、福島で何を探しているの!? 佐藤さんにとってドラえもんは子どもの頃から「つらいとか淋しいときとか、そういうときに側にいてくれる話し相手」だったという。

コイケジュンコ『時(とき)を駈けるドラス』の(一部)/ 生まれたときからドラえもんがいて、初めて観た映画が『のび太の恐竜』だったというドラえもん世代のアーティスト。写真はタイムマシン上のドラミちゃんで、着ているのは『ドラえもん』の漫画から気に入ったセリフを抜き出して印刷した紙の衣装。森村泰昌がこの衣装を着ている(右奥の写真)コラボ作品でもある。

展示スペースの後半は、映画「ドラえもん」シリーズの1作をモチーフに若手アーティスト12組が作品を展示しています。黒板に繊細な絵を描くれなれなさん、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションでおなじみの増田セバスチャンさんなどが、それぞれ独自のアプローチで表現していて、見ごたえがあります。

増田セバスチャン『さいごのウエポン』とご本人。ドラえもんの巨大なぬいぐるみ。近づいてみると、いろんなものがドラえもんにくっついている!世界中から集めたマテリアルを絵具として使う「Colorful rebellion」という手法だそうだ。Kawaii文化の伝道師、増田さんは小学校1年生の時に創刊された『コロコロコミック』に夢中になり、以来ずっとドラえもんファン。「大人になると子どもの時の感覚を忘れてしまう人が多いけれど、ドラえもんを通してそういった心を持ち続けられる人は多いのでは」と語る。

このドラえもん展は、それぞれのアーティストが抱くドラえもんへの思い、解釈、メッセージが様々で、そこも見どころのひとつです。これまで名前を知らなかったアーティストに出会える機会でもあり、あなたの心にピンと来る発見があるかもしれませんよ。

1 2