ライフスタイル 森の中で癒されたい!大リニューアルで寛ぎのリゾートホテルになった「軽井沢プリンスホテル イースト」

今年も残すところあと1か月とちょっと! そろそろ本格的に、冬のお休み予定が気になっているのではないでしょうか!?冬休みはリゾートホテルにゆっくりステイするのも、選択肢のひとつ。好奇心旺盛な堅実女子がより楽しく、寛いで過ごせるリゾートホテルに生まれ変わった「軽井沢プリンスホテル イースト」に、一足お先に滞在してきました!

木目の落ち着いた雰囲気が広がるリゾートホテル

軽井沢駅の南側に広がる緑豊かなプリンスグランドリゾート軽井沢の一角に建つ「軽井沢プリンスホテル イースト」。今年、エントランスなどパブリックスペースと2つのレストラン、そしてホテル棟の70室の客室をリニューアルしました。

リニューアルの建築デザインを手がけたのは、インテリアデザイナーの橋本夕紀夫さん。テーマは、橋本さんが初めて軽井沢を訪れた時の印象をもとにした「NEO FOREST」。森をイメージしたアートをちりばめた空間は、緑あふれる周辺環境と違和感なくなじみ、遊び心にあふれたデザインとなっています。そして、ロビーやレストラン、客室のファブリックには『ミナ ペルホネン』のデザインを採用。

ロビーでは、木と葉っぱをモチーフにしたアートワークと心地よい香りがお出迎え。葉をモチーフにした照明が天井に向かって光を反射する様子は、木漏れ日をイメージしています。

「ゲストラウンジSAKURA」は宿泊者専用ラウンジ。コーヒーなどのソフトドリンクが24時間無料で提供されるので、到着後や早朝などに利用したい。

客室に続く廊下は、森へ続く小道をイメージ。丸太をモチーフにした照明が配されている中を歩きながら、いよいよ客室へ。

温もりのある『デラックスツインルーム』。

室内の絨毯、壁紙は『ミナ ペルホネン』によるデザイン。ぬくもりにあふれた森の風景を表現しているとのことですが、大きなピクチャーウインドウから見える自然の風景と一体化して、客室に足を踏み入れた途端、まさに森の中にステイしているような気分に!

ソファには『ミナ ペルホネン』のクッションが!

今回、宿泊した『フォレストツインルーム』。壁には蝶が舞います。

朝もいい雰囲気……。

1 2