ライフスタイル 伝統ある「上野風月堂本店」がリニューアル!ここでしか食べられない新感覚ゴーフルが誕生!

上野エリアと言えば、老舗デパートのひとつである「松坂屋上野店」が11月4日にリニューアルオープンしたのを皮切りに、松坂屋の隣には大人のパルコとして「PARCO_ya」が誕生、さらにTOHOシネマズ上野もオープンし、映画からショッピングまで大人女子向けの街へと変わりつつあります。

そんな上野の街で、創業270年を誇る和洋菓子の名店と言えば「上野風月堂本店」。この「上野風月堂本店」が11月15日にリニューアルオープンしました。

モダンな外観の「上野風月堂本店」。待ち合わせにも良いかもしれないですね。

1階はオープンキッチンで、この店舗だけで提供される「ゴーフレーシュ」を職人が作る姿が見られたり、「焼きたて東京カステラ」がその場で焼いて提供されます。ちょっと一息つきたいときには、ハンドドリップで淹れたコーヒーも店内で飲むことができますよ。

店内には、イートインスペースのほか、お土産として持ち帰りができる商品も置いてあります。

職人さんが、一枚一枚丁寧にゴーフレーシュを焼いています。

江戸時代から続く歴史ある「東京カステラ」が、食べやすい小さなサイズになって登場!

この「焼きたて東京カステラ」(税込300円)は缶入りの「東京カステラ」とは違い、焼きたてのホカホカを気軽に店内で食べることができる、上野風月堂本店だけの商品。もしかしたら、新たな上野名物になるかも?ひとつずつ銅釜で焼き上げられたカステラは、通常のカステラのふわっとした食感というよりも、ギュっと身がしまった弾力のある歯ごたえ。食パンやパンケーキを食べた時のような、ボリューム感があります。店内では、はちみつや、あんこなどトッピングも選ぶことができるので、何人かでシェアをして色々なトッピングを試してみるのもオススメです。

店内では、焼きたての「東京カステラ」が提供されています。美味しそう!

しっかりホカホカのカステラに、お好みで様々なトッピングができます!

「ゴーフル」の新商品「ゴーフレーシュ」とは!?

「上野風月堂」の定番商品である「ゴーフル」は、丸いサクっとしたウエハースの中に、バニラやストロベリー、チョコレート風味の3種類のクリームがそれぞれサンドされたちょっと贅沢なお菓子。お土産などで、みなさん一度は食べたことがあるのでは?

今回、そんなゴーフルの新商品として店内で提供されるのが「ゴーフレーシュ」。持ち帰り商品とは違い新鮮さが売りで、しっとりモチっとしたゴーフルの皮の中に、濃厚なクリームがサンドされています。商品名である「ゴーフレーシュ」とは、「ゴーフル」と、「フレッシュな」という意味をあらわすフランス語の「フレーシュ」を掛け合わせた造語。しっとりとした皮のから、口の中に新鮮なクリームが広がります。クリームの味は3種類で、秋にぴったりの「マロン」は季節限定のフレーバー。甘さが控えめでしっかりとしたマロンの味を感じられます。通年で提供されるのは「キャラメル」と「シュガーバター」の2種類。「キャラメル」は、まさに定番の味と言えそう。ゴーフルの皮と濃厚な甘いキャラメルの味が、ケーキを食べたかのような満足感に浸れます。「シュガーバター」は、万人受けしそうな懐かしい甘さを感じることができます。

店頭では、3種類の「ゴーフレーシュ」が並んでいます。どれにしようか迷ってしまいます!

ゆったりホッとできるのは、懐かしい味がするカステラやゴーフレーシュだからかもしれません。

店内で提供される「ハンドドリップコーヒー」(税込580円)はホットとアイスと選べ、一杯一杯丁寧にハンドドリップで淹れてもらえます。コーヒーに使われている豆は、「NOZY COFFEE」のシングルオリジン豆を特別にブレンドしたもの。コクのある苦みが、甘い「東京カステラ」や「ゴーフレーシュ」とよく合います。

忙しそうに、一杯一杯ハンドドリップでコーヒーを淹れてくれます。

それでは2階のレストラン「KANAME」へご案内します!

1 2