ライフスタイル 【女子文具】67万人が使う『ほぼ日手帳』のニューフェイス『ほぼ日5年手帳』ってどんなの?

ほぼ日手帳から、5年間使える連用日記の『ほぼ日5年手帳』が登場しました。発売は12月1日(金)からですが、現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「第2回 生活のたのしみ展」で先行発売されたので、早速、どんな手帳なのかチェックしてきました!

連用日記とは、数年分の同じ日が1ページに収まったもの。筆者は10年日記を使っていますが、その日の日記を書くたびに、去年や一昨年の出来事を振り返れるのが楽しくて、5年目を迎える今でも続いています。昨今の手帳ブームに伴って連用日記も人気が上昇中。67万人のユーザーがいる『ほぼ日』からも登場するとなれば、一気にブームになるかもしれません。

『ほぼ日手帳』みたいで馴染みやすい『ほぼ日5年手帳』

さて、新しく登場する『ほぼ日5年手帳』ですが、サイズは『ほぼ日手帳オリジナル』と同じA6で持ちやすく、辞書のような作りです。中身は『weeks』と同じクリーム色で、紙は『ほぼ日手帳』でお馴染みの薄くて軽い「トモエリバー」。3.7mmの方眼サイズも『オリジナル』や『カズン』と同じで、ぱっと見は兄弟のようなイメージです。

じゃじゃ~ん!2018年~2022年の毎日を記録できる『ほぼ日5年手帳』。

ただ、通常の連用日記が1日1ページなのに対して、『ほぼ日5年手帳』は左が5年分の日付け入りページで、右がフリースペースになっています。その分、ページが多くなってしまうのに、なぜこのような作りに? その疑問に『ほぼ日手帳』の生みの親である糸井重里さんが答えてくれました。

「自由なスペースを作ってしまうのはもう本能ですね。何を作ってもこうなっちゃう(笑)。例えば梅酒のレシピとか、その時期や季節にやることを書いてもらいたくて、フリースペースを作りました。複数年使える手帳はずっと作りたくて、ちょっと先の未来が含まれて、手の届く範囲の5年にしました。赤ちゃんやペットなど、変化していくものの記録を書くと面白いと思いますね。自分がどうなっていくのか1年後に答え合わせができるので、ゲーム感覚で楽しめると思います。私も来年から使います」と糸井重里さん。

1 2