ライフスタイル 低カロリーなビールテイストで楽しくダイエット! キーワードは「ギルトフリー」と「糖質オフ」

  • 糖質とカロリーが体に与える違いを知り、ギルトフリーなダイエットを

おいしくて低カロリーなビールテイスト飲料を飲みつつ、ガマンせず、罪悪感なくダイエットをしたい……そんな私たちのために、管理栄養士・麻生れいみさんがダイエットに大切な知識と食生活のコツを教えてくれました。

会場には麻生さんのレシピによる低糖質メニューがズラリ。写真は『バジルチーズ鶏ハム』。のばした鶏むね肉にバジルとクリームチーズを巻き、ラップでくるみ水から沸騰させ、余熱調理するだけという、麻生さんオリジナルレシピ。

 

「女性の多くは、タンパク質、ビタミン、ミネラル不足の人が多いと感じます。栄養摂取量の目安として、野菜を350g以上、お肉や魚を250g以上とされていますが、これだけの量を毎日食べている人は少ないです。特に、たんぱく質は体にプールできないため、毎日食べ続ける必要があります」(麻生さん)

これらの栄養素をしっかりと食べて、糖質を控えることで効果的にダイエットが可能。

「糖質を食べると分泌されるインスリンは、余った糖を脂肪に替えてしまいます。血糖値も急上昇し、血管の内側を傷つけてしまう、血糖値スパークも問題視されています。糖質を効果的に控えることは、ダイエットのみならず生活習慣病のリスクを低減することにもつながります」

ところで、どのような食生活を送れば、効果的に痩せることができるのでしょうか。

「摂取された食物が、消費される優先順位は、糖質、脂質 たんぱく質です。糖質制限をすると、体脂肪が燃えて痩せやすくなります。そのため、いつもの定食からご飯を抜いてしまうという人は多いですが、その事によりエネルギー不足になり体調を崩してしまうという結果に。基礎代謝が落ちて省エネタイプの体になってしまい、痩せにくくなってしまうのです。

皆さんにおすすめなのは、ごはんを抜いたら、たんぱく質、ミネラルを含む食材を足す食生活。例えば、低糖質の唐揚げ。タルタルソースを唐揚げにかけた、マヨ南蛮も低糖質です。これらは高カロリーですが低糖質というのが特徴です」

●間食はギルトフリーな食べ物を選んで「調整」を

麻生さんは、ブームの「ギルトフリー」の食事についても解説。ちなみに、ギルトフリーとは罪悪感がない食生活のことを指します。何に罪悪感があるか人それぞれですが、生クリームがたっぷりかかったパンケーキを食べたときの“もやもや”がない食生活、といえばわかるのではないでしょうか。

そこで登壇したのは、ギルトフリーが人気のスイーツ・ブリスボールを販売する『FOOD JEWELRY』の代表・坪井玲奈さん。

(左)『FOOD JEWELRY』代表の坪井麗奈さん、(右)管理栄養士・麻生れいみさん。2人ともとってもスリム。

星型のお皿に入っているのがブリスボール。くるみやマカダミアなどのナッツ類、イチジクやパッションフルーツなどのドライフルーツなどを粉末状にして固めたもので、1粒で満足感が絶大。

 

「砂糖を使わず、グルテンフリー、添加物なしの罪悪感ゼロのスイーツです。砂糖だけでなく蜂蜜やメープルシロップなども使用していないのにとても甘く、素材の味を楽しめます。『サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ』との相性もいいですよ」(坪井さん)

「食事と食事の間が6時間以上開くときは、間食を取り入れ調整をするといいですよ。ギルトフリーな間食を選び、血糖値の急上昇を防ぎつつ、効果的に食物繊維などもチャージしたいですね」(麻生先生)

最後に、1か月に1キロやせるには、約7200キロカロリーの体脂肪を燃やさなくてはダメだとか。これを消費しようとすると、1日あたり約240キロカロリーに。これはどら焼き1個分、ウォーキングだと50分間に相当するそうです。

「カロリーを意識して、数値化することで体重をコントロールできます。野菜、キノコ、大豆製品、ササミ、鶏むね肉などの低カロリーな食材と、糖質に気をつけつつ、健康的にダイエットをしてください」(麻生さん)

●品名  サッポロ 「極ZERO 爽快ゼロ」
●パッケージ 350ml缶・500ml缶
●アルコール分 2.5%

(注1)国産大手メーカーより現在発売されている糖質0のビール類において(当社調べ2017年10月現在)

(注2)栄養表示基準に基づき、100ml当たり糖質0.5g未満を糖質0としています。

(注3)100ml当たりのプリン体0.5㎎未満をプリン体0としています。

(注4)栄養表示基準による。

1 2