ライフスタイル 六本木ヒルズがジャンプワールドに!? 90年代の黄金期を振り返れる『週刊少年ジャンプ展VOL.2』が開催中!

今、六本木ヒルズが少年マンガファンが集まるスポットになっているのを知っていますか?森アーツセンターギャラリーにて「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2―1990年代、発行部数653万部の衝撃―」が3月19日より開催されているんです。2017年の夏に行なわれたVOL.1では創刊から80年代をメインに公開されていて、今回はVOL.2ということで、まさにジャンプ全盛期の「90年代」の作品、しかも原画が公開されているんだとか。その内容が気になってしまったので、さっそくジャンプ展に行って来ました!

週刊少年ジャンプは、1968年に創刊された、男性だけでなく女性でも1度は目にしたことがある大人気少年マンガ雑誌。数々のヒット作を生み出しており、その人気ぶりはどの世代でもハマったキャラクターが存在するほど!特に1995年の新年3・4合併号は、マンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録!店頭で見つけられないぐらいで、世の中からジャンプが消えた……。と当時噂されたこともあったとか。

展示期間は前期(~5月7日)と後期(5月8日~6月17日)に分かれており、その原画出展作品数は47作品、常時約300点(前期・後期合わせて約400点)の作品展を見ることができるんですよ。

当時の思い出が甦る!プレミアものの原画たち

まず入り口には、壁を埋め尽くす、少年ジャンプの本誌が!そのページ数はなんと1024枚だとか。まさにジャンプワールドに誘われています。

どれを見ても、「あ、あのシーン!」となるものばかり!(c)週刊少年ジャンプ/集英社

続いて登場したのがオープニングシアター。ここでは「DRAGON BALL」の悟空が超サイヤ人に覚醒した瞬間が再現されていて、さらにジャンプ熱を上げてくれます!

映像では、もちろん超サイヤ人の黄金ヘアも光輝いていました。(c)バードスタジオ/集英社

そして、いざ原画が展示されている「ジャンプ90’sヒーローゾーン」へ!入ってすぐに登場したのは、先ほどの映像ですっかり引き込まれていた、鳥山明先生が描く『DRAGON BALL』ワールド!悟空と強敵たちの歴史を振り返ることができます。後に味方となる大人気キャラのべジータとの戦闘シーンが原画で見ることができるなんて、ファンにはたまりません!さらに、ここでは歴代のカードダスも展示されており、そういえば昔お兄ちゃんが集めてたな~とほっこりしました。

原画の他にも、巨大グラフィックや吊り下げバナーなど、至るところで当時の感動を思い出すことができます。(c)バードスタジオ/集英社

カードダスやミニミニカードダスがズラリ!私は18号が好きだったな~。(c)バードスタジオ/集英社

続いては、こち亀こと、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。物語の舞台となった派出所が再現されており、マンガの世界に入ったような気持ちにさせてくれます。派出所内にはもちろん、原画が展示されており、主人公の両津勘吉はもちろん、90年代に活躍した「海パン刑事」などの個性的かつ強烈なキャラクターも登場しています。

両さんが帰ってきた~!と嬉しくなっちゃいますね。(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社

秋本治先生の原画が派出所内に展示されているという不思議な空間。(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社

続いては女子の心を掴んだ胸キュンキャラたちをご紹介♪

1 2 3